音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:iPhone+SE

    Apple、安価な「iPhone SE 4」を開発中?  2023年09月30日

    iPhone SE(第3世代)で見送られた機能と残念なポイント  2022年03月11日

    アップル、第3世代iPhone SEなど発表  2022年03月09日

    iPhone SE(第2世代)発売!楽天モバイル、eSIMでの使用も可能!  2020年04月24日

    Apple 第2世代 iPhone SEを発表!価格は64GBモデルの44800円から!  2020年04月16日

    TB

    1: 田杉山脈 ★ 2023/09/28(木) 14:53:39.72 ID:7UMocKIT
    MacRumorsが、Appleの次期iPhone SEこと「iPhone SE 4」に関する情報を報じています。

    「iPhone SE 4」はAppleの内部では「Ghost (ゴースト)」と呼ばれており、「iPhone 14」がベースのモデルとなるものの、新しいデザインが採用される見込み。筐体には2つの大きな変更点があり、アクションボタンとUSB-Cポートが搭載され、これら2つを除けば大きな変更は予定されておらず、「iPhone 15」シリーズのように丸みを帯びたエッジデザインは採用されない可能性が高いとのこと。

    また、リアカメラはシングルカメラを搭載するものの、カメラ部分の出っ張りの正確なデザインはまだ不明。リアカメラ部分についてはAppleは5つのパターンのデザインを開発しており、それぞれに細かな違いがあり、大きく分けるとカメラレンズとフラッシュが1つの長方形の土台に収まっているものと、カメラレンズのみがリアパネルから出っ張っているといったもの。

    カメラは4,800万画素となり、現行モデルから大幅にアップグレードされる可能性があり、ディスプレイは有機ELディスプレイが搭載され、Touch ID内蔵ホームボタンは搭載されず、Face IDのみとなります。

    https://taisy0.com/2023/09/28/177544.html

    引用元: ・【スマホ】「iPhone SE 4」の最新情報が明らかに ー 「iPhone 14」ベース [田杉山脈★]

    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1695880419/ 【Apple、安価な「iPhone SE 4」を開発中?】の続きを読む

    TB
    no title

    1: 生玉子 ★ 2022/03/09(水) 21:44:43.18 ID:IaKlQS3+9
     Appleの「iPhone SE(第3世代)」が3月18日に発売される。先代「iPhone SE(第2世代)」とデザインは同じながら、iPhone 13シリーズと同じ「A15 Bionic」を搭載し、SEシリーズとしては初めて5Gに対応したことが大きなトピックだ。

     ディスプレイとカメラはミッドレンジスマートフォンといえるスペックながら、プロセッサは最上位のものを搭載しており、5万円台からという価格を考えると、バランスの良いモデルにまとまっているといえる。

     一方で、搭載が見送られた機能や要素もある。それらを簡単に紹介したい。

    ■Face ID
     生体認証はTouch IDのみで、顔認証を行うFace IDには対応していない。Touch IDとFace IDの両方を利用できるiPhoneはいまだ存在しない。今後、Touch IDとFace IDに両対応したiPhoneが登場するとして、Touch IDはホームボタンやサイドキーなどの物理キーに内蔵させるのか、あるいはディスプレイ内蔵型になるのか、気になるところだ。

    ■MagSafe
     iPhone SE(第3世代)は既存モデルと同じくQi規格のワイヤレス充電に対応しているが、磁石を用いて対応するケースやワイヤレス充電器を取り付けられるMagSafeには対応していない。

    ■複眼カメラ
     A15 Bionicのおかげで、機械学習を用いた画像合成技術のDeep Fusionや、iPhone 13シリーズと同等のHDRなどはサポートしているが、カメラの構成はiPhone SE(第2世代)から変わらない。1200万画素のシングル構成にとどまっており、超広角カメラや望遠カメラは備えていない。Androidではミッドレンジ帯でも複眼カメラを備えているモデル「が多いだけに、ここは少し惜しい点だ。

    ■ナイトモード
     暗所でも鮮明に撮影できる「ナイトモード」もiPhone SE(第3世代)では見送られた。ナイトモードは、複数の写真を合成して長時間露光することで明るい写真を生成するが、これはプロセッサの処理に依存する部分が大きい。ナイトモードを初めて搭載した「iPhone 11」シリーズのプロセッサは2世代前の「A13 Bionic」。プロセッサの性能を考えればiPhone SE(第3世代)でも対応できたはずなので、ここも残念な点だ。

    ■狭額縁設計
     iPhone SE(第3世代)のディスプレイは4.7型で先代とデザインが同じ……ということは、ディスプレイ上下の広い額縁もしっかり残されている。

     iPhone X以降のiPhone(SEを除く)やAndroidでは、ミッドレンジも含めて現行モデルは狭額縁設計が当たり前になっていることを考えると、あの広い額縁はどうしても古めかしく感じてしまう。それもそのはず、デザイン自体は約4年半前の2017年9月に発売された「iPhone 8」から変わっていない。

     約2年ぶりの新機種にしては変化に乏しく、せっかく5Gに対応してリッチなコンテンツを楽しむ機会も増えるのだから、せめて画面サイズは大きくしてほしかった、と個人的には思う。

    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2203/09/news119.html

    引用元: ・【Apple】「iPhone SE(第3世代)」で見送られた機能と残念なポイント [生玉子★]

    https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1646829883/ 【iPhone SE(第3世代)で見送られた機能と残念なポイント】の続きを読む

    TB
    1: oops ★ 2022/03/09(水) 05:29:56.64 ID:8AKwPaia9
    no title


    アップルは9日、新製品発表会「PeekPerformance」(最高峰)を開催し、新型の「iPhone SE」やM1チップ搭載の「iPad Air」を発表。Macについても新チップ「M1 Ultra」搭載のデスクトップ新シリーズ「Mac Studio」を発表した。3月18日から順次発売する。

    ■iPhone SE(第3世代)

    iPhone SEは第3世代にアップグレードし、iPhone 13と同様の「A15 Bionic」を搭載。5Gにも対応する。価格は57,800円からで、64GB、128GB、256GBで展開する「最もお手頃(affordable)なiPhone」となる。

    no title

    no title


    ディスプレイは4.7型で、画面下には指紋認証のTouch ID対応のホームボタンを備えている。A15 Bionicの搭載によりバッテリー駆動時間を延長するとともに、アプリ起動や負荷の高い作業処理のパフォーマンスを向上している。Qi規格の充電器を使ったワイヤレス充電にも対応する。

    カメラは1,200万画素で、スマートHDR 4、フォトグラフスタイル、Deep Fusion、ポートレートモードなどに対応。機械学習機能を使って、写真をピクセル単位で処理し、質感、細部、ノイズを最適化する。オンデバイスSiriにより、プライバシーを保護したまま音声で操作が可能となる。接続端子はLightning。

    no title


    ■Mac Studio登場

    新たなデスクトップ機のMac「Mac Studio」も登場。新開発チップの「M1 Ultra」を搭載し、「Mac Proより90%高速」とする。価格は3,999ドルから。

    no title

    no title


    また組み合わせて利用できるディスプレイ「Apple Studio Display」も発売される。価格は1,599ドル。

    no title


    ■iPad AirはM1搭載でパフォーマンス向上

    iPad Airもリニューアル。Apple Silicon (M1)を搭載し、フロントカメラを12メガピクセルに強化。5G対応モデルも用意する。3月18日から発売し、価格はWi-Fiモデルが74,800円から、Wi-Fi+Cellularモデルが92,800円から。

    no title


    iPad Proと同様にM1チップを搭載し、全体的なパフォーマンスを向上した。ディスプレイは、10.9型のLiquid Retina Displayで輝度は500nits。

    フロントカメラは1,200万画素の超広角カメラで、ビデオ通話時などに、被写体をフォローして画角を調整する「センターフレーム」に対応する。背面カメラは1,200万画素で、4Kビデオ撮影にも対応する。インターフェイスはUSB-C。

    iPadOS 15.4を搭載し、来週公開のmacOS 12.3とのUniversel Controlに対応。iPadのApple PencilでiPad Airにスケッチし、MacのKeynoteでスライドとして取り込むなど連携が可能になる。

    Magic KeyboardやSmart Keyboard Folio、Apple Pencil(第2世代)などに対応する。

    ■iPhone 13/13 Proに新色グリーン

    iPhone 13シリーズには新色のアルパイングリーンとグリーンを追加する。3月18日から発売する。iPhone 13 Pro/Pro Maxはアルパイングリーンで、128GB、256GB、512GB、1TBを用意し、価格はProが122,280円から。Pro Maxは134,800円から。iPhone 13/13miniはグリーンで、価格はiPhone 13が98,800円から、iPhone 13 miniは86,800円から。

    最新のiOS「iOS 15.4」は来週公開予定で、マスクを着用した状態でも使える「Face ID」や、Siriの新音声オプション、「画像を調べる」への対応言語拡大、新しい絵文字など、多くの機能を提供予定。

    https://asset.watch.impress.co.jp/img/ipw/docs/1393/813/b01_s.jpg
    https://asset.watch.impress.co.jp/img/ipw/docs/1393/813/b02_s.jpg

    2022年3月9日 03:59
    https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1393813.html


    引用元: ・【速報】アップル、第3世代iPhone SEや新デスクトップ「Mac Studio」発表 [oops★]

    https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1646771396/

    【アップル、第3世代iPhone SEなど発表】の続きを読む

    TB


    no title
    10: iOS 2020/04/23(木) 22:58:09.12 ID:J0qcYp7Q
    楽天モバイル使えるか検証頼む。久しぶりに泥使ってるけどしっくりこないから替えたい


    引用元: ・iPhone SE(第2世代) part24

    http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/ios/1587619268/

    【iPhone SE(第2世代)発売!楽天モバイル、eSIMでの使用も可能!】の続きを読む

    TB
    1: 1号 ★ 2020/04/16(木) 15:20:38.25 ID:kpIM8DLL9
     アップルは4月16日0時(日本時間)、新製品「iPhone SE」を発表した。予約は4月17日から開始となり、発売は4月24日からとなっている。価格は64GBモデルで4万4800円(税別)だ。

     長い間、ネットの噂となっていた「iPhone SE」がついに発売されることとなった。

     初代iPhone SEが発売されたのは今から4年前の2016年3月のこと。4インチというコンパクトな本体サイズと安価な価格で、根強い人気を誇っていた。日本では特にワイモバイルなどの格安スマホとも相性が良く、「初めてのiPhone」としても選ばれていた。

     4月24日に発売となるiPhone SE(第2世代)は、4インチではなく、4.7インチとなっている。デザイン的にもiPhone 8を踏襲しており、iPhone 8用の本体ケースもそのまま流用が可能だ。つまり、iPhone SE(第2世代)は2016年に発売されたiPhone SEの後継機種というより、iPhone 8の後継機種、型番をつけるならば「iPhone 8s」といったほうがいいかもしれない。

     ただし、中身は大きく進化している。
     チップセットにはA13 Bionicを搭載。つまり、昨年秋に発売されたiPhone 11と同じものだ。そのため、カメラで撮影した際、機械学習などによって、誰でも綺麗な写真が撮れるというiPhoneの魅力はそのまま継承された格好だ。iPhone 11ではカメラは2つ、iPhone 11 Proでは3つ、搭載されているが、今回のiPhone SE(第2世代)では一つとなっている。

     ただ、フロントカメラも進化しており、自撮り動画を撮影する際には手振れ補正にも対応している。
     
     iPhone SEが発売されると聞いて、小躍りした人も多かったろうが、「4.7インチでiPhone 8の後継機種的な位置付け」と聞いてガッカリした人もいるかもしれない。

     ただ、64GBで4万4800円(税別)、消費税を入れても5万円を切るiPhoneとなる。ここ最近、スマホの割引販売に規制が入る中、この価格帯でiPhoneが買えるとなると、かなりの人気となりそうだ。

    4/16(木) 0:00
    https://news.yahoo.co.jp/byline/ishikawatsutsumu/20200416-00173542/
    no title

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586992896/

    引用元: ・【速報】アップルが「iPhone SE」の新製品を正式に発表 64GBモデルで4万4800円(税別) ★4

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587018038/

    【Apple 第2世代 iPhone SEを発表!価格は64GBモデルの44800円から!】の続きを読む

    このページのトップヘ