音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:Yamashita+Tatsuro

    山下達郎、松尾・ジャニーズ問題についてお気持ち表明 ラジオにて  2023年07月09日

    【NHK-FM】「今日は一日“山下達郎”三昧 レコード特集2023」、5月4日放送決定3  2023年04月15日

    山下達郎、1976~82年のアルバム8枚をレコード&カセットテープで発売5  2023年01月06日

    山下達郎、もし音楽が配信のみになったら?「泣く泣くやります“サブスク毎日聴いてる”発言も!3  2022年06月29日

    山下達郎 サブスク解禁は「恐らく〇ぬまでやらない」3  2022年06月12日

    TB
    1: muffin ★ 2023/07/09(日) 15:53:25.17 ID:8/eXxt2g9
    https://www.oricon.co.jp/news/2286351/full/
    2023-07-09 15:31

    シンガー・ソングライターの山下達郎が、9日放送のTONKYO FM『山下達郎サンデー・ソングブック』(毎週日曜 後2:00)に出演。自身が所属するスマイルカンパニーをめぐって、松尾潔氏がツイッターで言及を行ったことから、さまざまな憶測が飛び交う状況となったことを受け、自身の言葉で思いを約7分にわたって伝えた。ここでは、できる限り忠実に再現した全文を掲載する。

    ■松尾潔氏とは「年にメールが数通という関係」 ジャニー喜多川さんの性加害問題の真実「私が知る術まったくありません」

    ■ジャニーさんとの出会いは1970年代末 自身の人生の指針は「ご縁とご恩です」
    中略

    ■SMAP、嵐、キンプリへの思い このコメントが「忖度」だと思う人にとって「私の音楽は不要でしょう」
    中略

    全文はソースをご覧ください



    引用元: ・【ラジオ】山下達郎、唯一の発信基地で7分間の独白  松尾潔氏の契約解除、ジャニーズ問題、忖度の声に【コメントほぼ全文掲載】★2 [muffin★]

    https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1688885605/ 【山下達郎、松尾・ジャニーズ問題についてお気持ち表明 ラジオにて】の続きを読む

    TB
    3

    1: 湛然 ★ 2023/04/14(金) 23:15:35.52 ID:FWEs8t+W9
    NHK-FM「今日は一日“山下達郎”三昧 レコード特集2023」、5月4日放送決定。山下達郎が語るレコードの世界。ゲストに渋谷龍太(SUPER BEAVER)、EPO出演
    掲載: 2023年04月14日 21:30 TOWER RECORDS ONLINE
    https://tower.jp/article/news/2023/04/14/tg018
    山下達郎
    https://cdfront.tower.jp/~/media/Images/Article/News/tg/2023/4/14/tg018.jpg


    今年2023年5月から毎月『FOR YOU』や『RIDE ON TIME』など1976年から1982年までの8作品をリマスターし、アナログ盤やカセットを発表する山下達郎の世界を1日かけてたっぷり特集する「今日は一日“山下達郎”三昧 レコード特集2023」の放送が決定した。

    本番組ではまず山下達郎、本人が今年リマスターするレコードを語り尽くすスペシャル企画が実現。リスナーからのリクエストを募集すると共に、EPOやSUPER BEAVERの渋谷龍太(Vo)などの豪華なゲストも登場する。昼から夜までレコードの魅力を通して山下達郎の音楽の世界をじっくりと深く味わい尽くす特集番組となっている。

     

    ▼番組情報
    NHK-FM「今日は一日“山下達郎”三昧 レコード特集2023」
    第1部:5月4日(木)12:15~18:50
    第2部:5月4日(木)19:20~21:30
    出演:山下達郎
    ゲスト:EPO / 渋谷龍太(SUPER BEAVER) ほか
    進行:杉浦友紀アナウンサー
    https://nhk.jp/zanmai-yamashita-tatsuro

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    引用元: ・【NHK-FM】「今日は一日“山下達郎”三昧 レコード特集2023」、5月4日放送決定。山下達郎が語るレコードの世界。 渋谷龍太、EPO出演 [湛然★]

    https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1681481735/ 【【NHK-FM】「今日は一日“山下達郎”三昧 レコード特集2023」、5月4日放送決定】の続きを読む

    TB
    5

    1: 湛然 ★ 2023/01/06(金) 05:01:58.92 ID:ErE2ORt59
    山下達郎、1976~82年のアルバム8枚をレコード&カセットで発売 世界的ブーム「シティーポップ」代表格
    2023年1月6日 4時0分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20230105-OHT1T51222.html?page=1
    6月7日発売「RIDE ON TIME」(80年)
    https://hochi.news/images/2023/01/05/20230105-OHT1I51342-L.jpg
    7月5日発売「GO AHEAD!」(78年)
    https://hochi.news/images/2023/01/05/20230105-OHT1I51343-L.jpg


     シンガー・ソングライターの山下達郎(69)が1976~82年にアナログレコードとカセットテープで発売したアルバム全8アイテムを最新リマスターした「TATSURO YAMASHITA RCA/AIR YEARS Vinyl Collection」を発売することが5日、分かった。

     1970年代後半から80年代の日本のニューミュージックが「シティーポップ」としてYouTubeやSNSなどで世界的ブームになっている今、その代表格である山下の名盤が最新リマスター音源でよみがえる。

     完全生産限定盤のアナログ、カセットとして、5月3日発売の「FOR YOU」を手始めに、「RIDE ON TIME」(6月7日)、「MOONGLOW」「GO AHEAD!」(7月5日)、「SPACY」「CIRCUS TOWN」(8月2日)、「IT’S A POPPIN’ TIME」「GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA」(9月6日)と5か月連続リリースする。6日から予約が開始される。

     「シティーポップ」ブームに加え、最近はアナログレコードも温かみのある音質などが見直され、世界的なブームとなっている。またカセットも、日本では「昭和レトロ」ブームの中で再注目されている。

     ◆シティーポップ 70~80年代に流行した日本のニューミュージックの中でも都会的なサウンドが特徴で山下や竹内まりや、杏里らがその代表格。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    引用元: ・【音楽】山下達郎、1976~82年のアルバム8枚をレコード&カセットで発売 世界的ブーム「シティーポップ」代表格 [湛然★]

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1672948918/0- 【山下達郎、1976~82年のアルバム8枚をレコード&カセットテープで発売】の続きを読む

    TB
    3

    1: muffin ★ 2022/06/24(金) 20:04:04.33 ID:CAP_USER9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/24/kiji/20220624s00041000477000c.html
    2022年6月24日 17:56 ]

    シンガー・ソングライターの山下達郎(69)が24日、TOKYO FM「JUMP UP MELODIES」(金曜後1・00)にゲスト出演。11年ぶりのアルバム「SOFTLY」について語った。

    アルバムが11年ぶりの発売になったことに「ライブ主導でここ十数年やってたので、レコードよりライブ」とライブ主体で活動していたとした。

    そして「結局、今ほとんど配信じゃないですか。パッケージでアルバム出すって2020年にはないと思ってたんですよ」と語り、11年前の2011年にアルバムを出したが「次はパッケージないな」と思っていたことからライブ主体に移行していたとした。

    「僕らの世代は音楽活動といえば、あくまでアルバムなんですよ。アルバムを作ってそのためにお披露目のためにツアーして、ツアーで新曲を披露してアルバムにつなげると。レコーディング、アルバムが主でライブが従だったんですよ。ここ13、14年はライブが主でレコードが従でずっとやってた」と振り返った。

    もし今後、音楽が配信のみになったらと問われると「なくなったら、なくなくやります。アナログプレーヤーがなくなったからしょうがないからCDになった。完全にネットでのサブスクで聞くしかない時代になったらそれはしょうがない。ぎりぎり粘ってる。シーラカンス状態」と笑いながら語った。


    引用元: ・【音楽】山下達郎、もし音楽が配信のみになったら?「泣く泣くやります」「しょうがない、ぎりぎり粘ってる。シーラカンス状態」 [muffin★]

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1656068644/

    【山下達郎、もし音楽が配信のみになったら?「泣く泣くやります“サブスク毎日聴いてる”発言も!】の続きを読む

    TB
    3


    1: 水メーザー天体(騒) [ニダ] 2022/06/11(土) 17:46:57.34 ID:f9qsv8PX0● BE:228348493-PLT(17000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    時代の試練に耐える音楽を――「落ちこぼれ」から歩んできた山下達郎の半世紀
    https://news.yahoo.co.jp/articles/be612cd888a261a17c38007d9f51406f35ddaade

    (撮影:能美潤一郎)
    https://news-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220611-00010000-ytokushu-000-3-view.jpg

    数年前から、世界中の音楽シーンで「シティポップブーム」が起きている。
    70年代半ばから80年代にかけて、日本で生まれた都会的なポップミュージック。
    山下はその中心人物として、海外のリスナーからもリスペクトを集める。
    ブームについて尋ねると、「40年前に言ってよ」と笑い飛ばす。

    「シティポップをどう思いますかと聞かれても、正直、『分かりません』としか答えられない。
    全ては運だとしか答えようがない。数年前に渋谷で、20代のアメリカ人青年に
    『GO AHEAD!』(78年)のアルバムにサインしてくれと言われて。
    どこで知ったんだって聞いたら、ネットだって。変な時代だな。ありがたいけど(笑)」

    「私はね、極東の片隅のね、日本という国でね、ごく質素にやってきた者なんです。
    全然メインストリームじゃないんです。10代の時は音楽オタクで、
    誰も聴かないような音楽を聴いていたんです。全米トップ40も、トップ10にはあまり興味がなくて、目当てはいつも30位あたり。大ヒット曲には見向きもしませんでした。
    そういう音楽の聴き方で育った人間が作ってる音楽なんて、誰が聴くんだ?っていう疑問を
    いつも自分に投げかけて。なので、拡大志向はやめようと」

    中略

    音楽の聴かれ方は、半世紀の間に変化してきた。サブスクリプションでの配信を解禁しないのか尋ねると、今の時点で山下は「恐らく死ぬまでやらない」と答える。



    引用元: ・山下達郎 川´3`)「シティポップブーム?40年前に言ってよ・・サブスクは〇ぬまでやらない」 [228348493]

    https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1654937217/ 【山下達郎 サブスク解禁は「恐らく〇ぬまでやらない」】の続きを読む

    このページのトップヘ