音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:SANSUI

    今は亡き懐かしのオーディオメーカーの思い出  2024年01月25日

    ドウシシャ、SANSUIブランド音響製品の生産終了  2021年09月01日

    これがSANSUIの音なのか、と正しく思わせられる機種って何でしょうか  2015年11月15日

    アンプの定番がSANSUIからDENONに変わったのはなぜ?  2015年07月14日

    SANSUI SDN20-B11 音質にこだわったという液晶テレビ!? あのサンスイが…  2015年07月13日

    TB
    1: 名無し募集中。。。 2024/01/21(日) 15:17:13.10 0
    語ろう


    引用元: ・パイオニア、ケンウッド、オンキョー、ビクター、山水 今は亡き懐かしのオーディオメーカーの思い出

    https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1705817833/0- 【今は亡き懐かしのオーディオメーカーの思い出】の続きを読む

    TB
    1: 少考さん ★ 2021/08/31(火) 21:08:21.57 ID:CAP_USER
    ドウシシャ、”サンスイ”ブランド音響製品の生産終了 - AV Watch:
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1347415.html

    山崎健太郎 2021年8月31日 15:04

    2012年から「SANSUI(サンスイ)」ブランドでの音響製品の開発・販売をしてきたドウシシャは、2021年8月末でライセンサーとのブランドライセンス契約期間が満了となり、サンスイブランド製品の生産を終了すると発表した。

    ドウシシャが取り扱いをしたサンスイブランド製品は 「原音を忠実に再現する」、「アナログ音源にこだわり、コストパフォーマンスの高い製品を提供する」をコンセプトに、真空管ハイブリッドアンプや和紙2重抄紙スピーカーを搭載したCDステレオなどを展開してきた。

    ドウシシャがブランドを使用する以前、サンスイは山水電気が手掛けたオーディオ機器のブランドであり、オーディオブーム全盛にはサンスイ(山水電気)、トリオ(ケンウッド)、パイオニアと並び、「サン・トリ・パイ」のオーディオ御三家として親しまれた。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


    引用元: ・【企業】ドウシシャ、”サンスイ”ブランド音響製品の生産終了 [少考さん★]

    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1630411701/

    【ドウシシャ、SANSUIブランド音響製品の生産終了】の続きを読む


    引用元: ・サンスイ ■ SANSUI総合スレッド 55 ■ 山水

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1417391891/
    94: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/18(日) 16:43:52.15 ID:ZbF5ojqi.net
    sansui今まで聴いたことのない人間が、中古で一台買って、これがSANSUIの音なのか、と正しく思わせられる機種って何でしょうか
    フラグシップに手を出せば間違いないとは思うのですが

    【これがSANSUIの音なのか、と正しく思わせられる機種って何でしょうか】の続きを読む

    引用元: ・サンスイ ■ SANSUI総合スレッド 55 ■ 山水

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1417391891/

    127: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/06(金) 21:25:25.12 ID:eeZSgFqm.net
    数店舗のハードオフ覗いたんだけど、山水のアンプが多いのは何でだろ?

    【アンプの定番がSANSUIからDENONに変わったのはなぜ?】の続きを読む

    SDN20-B11
    (株)ドウシシャは、SANSUIブランドより、和紙技術を応用した新開発の“W-RPM(WASHI Relative Pulp Mold)スピーカー”を搭載する液晶テレビを7月中旬より発売。20型の「SDN20-B11」と16型の「SDN16-B11」。価格はオープンだが、20型は35,000円前後、16型は28,000円前後での実売が予想。

    音質にこだわったという液晶テレビで、コーン紙表面に和紙素材を使用したW-RPMスピーカーを搭載することが特徴。使用した和紙素材は、伝統的な美濃和紙の紙抄き技術を応用し、2つの性質の異なる素材を1枚の紙に抄きあげたもの。

    W-RPMスピーカーは、使用した和紙素材のもつハリとしなやかさにより、従来のスピーカーと比べ高音から低音域までクリアで広がりのあるサウンドを表現するとのこと。

    チューナーは、地上デジタル×1。入力はHDMI端子を2系統、アナログAV端子を1系統、出力はヘッドホン端子。

    引用元: ・サンスイ ■ SANSUI総合スレッド 55 ■ 山水

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1417391891/
    598: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/10(金) 22:35:19.27 ID:1rzuWd7Py
    >>597

    SANSUI、和紙技術を応用した“W-RPMスピーカー”搭載の液晶テレビ
    http://www.phileweb.com/news/d-av/201507/10/37063.html

    「音質にこだわり」ってもねえ…。

    【SANSUI SDN20-B11 音質にこだわったという液晶テレビ!? あのサンスイが…】の続きを読む

    このページのトップヘ