OPPO_R11s
OPPO Japanは、Androidスマートフォン「R11s」で日本市場に参入すると発表。1月31日に製品の詳細や発売日や価格などを発表する予定。

OPPOは、2004年に中国で設立された電機メーカー。2008年にフィーチャーフォン「A103 Smiley Face」で携帯電話市場に参入し、その後、2011年にスマートフォン「Find X903」を発売。スマートフォンの出荷台数に関するCounterpoint社の調査で2017年第3四半期にアジア1位、グローバル4位につけているとのことで、今やスマホ市場では無視できないほど大きな存在です。

オーディオ・ビジュアル愛好家にとっては、ハイコスパなUSB-DAC・sonica DACや、UHD BDプレーヤー・UDP-205で知られているのでお馴染みでしょう。それらの売り上げとは比較にならないほどスマホ事業は大きいのでしょうけど。

「R11s」のグローバルモデル(2017年11月発表)のスペックは以下の通りです。

    OS:ColorOS 3.2(Android 7.1.1 Nougatベース)
    ディスプレイ:6インチ(2160 × 1080・AMOLED・ゴリラガラス5)
    プロセッサ:Snapdragon 660
    RAM:4GB
    ROM:64GB(microSDカード対応)
    背面カメラ:2000万画素+1600万画素
    前面カメラ:2000万画素
    通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth4.2
    バッテリー:3205mAh
    ポート:microUSB
    サイズ:155.1 x 75.5 x 7.1mm / 153g
【OPPO R11s Androidスマートフォン日本市場参入!】の続きを読む