音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:HDD

    アイ・オー・データ DiskRefresher3 SE 外付HDDデータ抹消ソフトを無償提供。「昨今高まる『データ消去』のニーズにお応えするため」!  2019年12月23日

    HDDで音質が変わるという記事のようにSSDにもそんな記事ないの?  2019年03月10日

    スピーカーの音でHDDが故障 「ブルーノート攻撃」で考える物理的対策  2018年06月26日

    TB

    アイ・オー・データ機器は、これまで、同社製外付けHDD購入者に無償で提供してきたデータ消去ソフト「DiskRefresher3 SE」の無償提供範囲を拡大。同ソフトを誰でも使えるよう、無償ダウンロードを提供開始。

    「昨今高まる『データ消去』のニーズにお応えするために」無償ダウンロード提供を開始したとのことで、「廃棄後のリサイクル時に第三者からデータを復元され情報が流出する心配はない」としています。

    【アイ・オー・データ DiskRefresher3 SE 外付HDDデータ抹消ソフトを無償提供。「昨今高まる『データ消去』のニーズにお応えするため」!】の続きを読む

    TB
    7b84636e

    419: Socket774 (ワッチョイ f773-W5e4) 2019/03/06(水) 07:39:45.82 ID:9e0q+qmV0
    そういえばHDDで音が変わるという大変興味深い、フフッとしてしまう記事があったけど、
    SSDではそういう記事はでてきてないのか?
    Crucialは低音の響きがいい、Intelは高音の抜けがいいとか。


    引用元: ・SSDの価格変動に右往左往するスレ84台

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/jisaku/1551505361/

    【HDDで音質が変わるという記事のようにSSDにもそんな記事ないの?】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/06/24(日) 16:12:07.13 ID:5G/c7/530● BE:601381941-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
    スピーカーの音でHDDが故障 「ブルーノート攻撃」で考える物理的対策

    動く部品、可動部があるものはいつかは壊れます。想定以上の強いノイズや振動が加わればなおさらです。 だからこそPCやHDDが搭載されているデジタル機器は「精密機器」として丁寧に扱われるのが常です。

    5月末、その弱点を突いた「ブルーノート攻撃」が注目を集めました。ミシガン大学と浙江大学の研究チームが 指摘した方法です。

    ブルーノート攻撃は、特定の周波数の音を、ある程度以上の大きさで、一定時間PC本体のスピーカー、 あるいは室内のスピーカーから流すと、HDDが故障してPCが正常に動作しなくなるという攻撃です。
    可聴音か、人の耳には聞こえない超音波を流し続けることで、HDDに搭載されている振動検知センサーが 誤作動を起こし、正常な読み書きができなくなると、研究チームは説明しています。

    最近は、HDDのように動く部品がないSSDを搭載するPCも増えており、その場合は攻撃の影響を受けません。
    けれど価格重視のPC、あるいは安価なHDDを搭載したデジタル家電やIoT機器は影響を受ける恐れがあります。
    発表では、監視カメラがHDDに映像を記録できなくなる様子が紹介されています。研究者らは対策として、 HDDの磁気ヘッドの動きを抑えるようなファームウェアの改良を提案しています。

    ■叫ぶだけでもHDDには悪影響?

    サイバー攻撃というと、ネットワークを介してデータやプログラムといったソフトウェアに影響を与えるもの―― という印象が強いかもしれませんが、このようにハードウェアの性質を踏まえ、物理法則にのっとって行われる 攻撃も珍しくはありません。

    大きな音はHDDに悪いという事実は、以前も指摘されていました。今回ブルーノート攻撃を取り上げた、 セキュリティ企業のESETは次のような例にも触れています。

    2016年には金融機関ING Bankのデータセンター(ルーマニア)で、消防訓練の際、消火ガスが勢いよく噴出した際の 大音量が原因となって数十台のHDDがクラッシュし、ATMやインターネットバンキングといった銀行業務に影響が 生じるという出来事がありました。

    また、今となっては懐かしい米国のソフトウェア開発会社Sun Microsystemsの技術者が、サーバの前で大声を 出すだけでも、ノイズによってレイテンシ(遅延)が発生することを示した動画も紹介されています。

    続きはソースで
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1806/22/news022.html

    引用元: ・スピーカーから超音波を流しHDDを破壊する「ブルーノート攻撃」誕生 監視カメラも破壊可能

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1529824327/ 【スピーカーの音でHDDが故障 「ブルーノート攻撃」で考える物理的対策】の続きを読む

    このページのトップヘ