12月9日と10日に東京・秋葉原で開催された「ポタフェス2023冬 秋葉原」。会場で見つけた新製品、注目製品を紹介する。

発売が待ち遠しいのはすでにヘッドフォン祭りにも登場している「R9」だ。デスクトップオーディオのオンリーワン&オールインワン的な選択肢となる「R7」のコンセプトを踏襲しながら、音質の向上を図っているほか、DisplayPortやHDMI端子なども装備する。DACは「ESS9038PRO」のデュアル搭載。アンプはTHX AAA-788+を8回路で、最大7000mW出力。K9 Pro ESS以上の大出力だという。筐体はアルミ合金+鏡面仕上げ。音楽とリズムに合わせて変化するダイナミックRGBライトを搭載する。国内では年明け以降に発売。海外予価は1499ドル。

https://ascii.jp/elem/000/004/174/4174910/

【FiiO R9 デスクトップ向けDAC複合機の新作 予価は1499ドル】の続きを読む