音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:ESOTERIC

    ESOTERIC Grandioso T1 ブランド初のレコードプレーヤー 価格は770万円!  2022年08月07日

    「エソテリック・マスタリング・センター」設立 SACD制作向け  2022年01月27日

    エソテリックの16bitマスターのSACD化音源が不思議と音質が良い?  2021年12月26日

    エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」よりカラヤン指揮『トゥーランドット』など3作品  2021年05月17日

    マーラー:交響曲第6番 ブーレーズ ほか、エソテリックのSACDソフト3種!  2020年11月17日

    TB
    Grandioso T1


    エソテリックは、ブランド創立35周年を記念する初のアナログ・ターンテーブル「Grandioso T1」を9月に発売する。価格は770万円。アームレス仕様の「GRANDIOSO T1/AL」や、各種アームに対応したアームベースキット「AB-T1SM1(SME、Graham用)」、「AB-T1KD1(Ikeda用)」も発売。価格はGRANDIOSO T1/ALが715万円、アームベースキットが各22万円。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1430083.html


    【ESOTERIC Grandioso T1 ブランド初のレコードプレーヤー 価格は770万円!】の続きを読む

    TB
    エソテリックは、同社が販売するスーパーオーディオCD(SACD)のマスタリングを行う独自のマスタリングセンター「エソテリック・マスタリング・センター」を設立すると発表しました。

    エソテリックブランドにて販売しているSACDのマスタリングプロセスを、「Esoteric Mastering」としてティアックグループに取り込むことで、より一層の高音質音楽体験を提供する環境を構築するとしています。

    エソテリックのSACDソフトというと、クラシックの名盤を独自にSACD化する「名盤復刻」シリーズ。正直、アナログ期の名盤のSACD化はネタ切れの感もありますが、何か新しい方向を模索するのでしょうか?(契約の関係なのか、大手ではソニー系の音源がありません。タワーレコードのようにエテルナやスプラフォンなどの中小レーベルの音源にも手を出すとかなのであれば期待したいところですが)

    と思ったら「名盤復刻」シリーズの新商品アナウンス。「エソテリック・マスタリング・センター」による製品第1弾ということです。ハイレゾ録音初期のポリーニとアバドのマーラー3番が興味深いSACD化です。

    ラインナップは以下の通り。

    ■『マーラー:交響曲第3番、第1番《巨人》』
    クラウディオ・アバド(指揮)
    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    品盤:ESSG-90252/3(2枚組)
    価格:8,000円(税込)
    (世界初SACD化)

    ■『エルガー:チェロ協奏曲、《エニグマ》変奏曲、行進曲《威風堂々》』
    ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)
    サー・ジョン・バルビローリ(指揮)
    ロンドン交響楽団/フィルハーモニア管弦楽団
    品盤:ESSA-90254
    価格:4,000円(税込)

    ■『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集』
    マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
    クラウディオ・アバド(指揮)
    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    品盤:ESSA-90255/7(3枚組)
    価格:10,000円(税込)
    (世界初SACD化)

    【「エソテリック・マスタリング・センター」設立 SACD制作向け】の続きを読む

    TB

    5: 名無しの笛の踊り (ワッチョイ 9ffc-W1il) 2021/09/18(土) 08:48:04.04 ID:unqHeih+0
    エソのショス蛸、なかなかいい。


    引用元: ・SACDとハイレゾについて語るスレ012

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1631792872/ 【エソテリックの16bitマスターのSACD化音源が不思議と音質が良い?】の続きを読む

    TB
    ESSG-90243_4press


    エソテリックは、SACD「名盤復刻シリーズ」に3作品を追加。『メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、サン=サーンス:ハバネラ、ラロ:スペイン交響曲』(グリュミオー独奏)『ヘンデル:水上の音楽、王宮の花火の音楽』(ガーディナー指揮)『プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》』(カラヤン指揮VPO・1981年)を6月10日に発売。

    価格は『メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、サン=サーンス:ハバネラ、ラロ:スペイン交響曲』と『ヘンデル:水上の音楽、王宮の花火の音楽』が各3,972円(税込)で、2枚組となる『プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》』のみ7,944円(税込)。

    旧フィリップスのアナログ録音のハイレゾ化が進んでいません。グリュミオーは生誕100年ということで、タワーレコードでもSACD化は進んでいますが、もっと進めて欲しいところです。

    【エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」よりカラヤン指揮『トゥーランドット』など3作品】の続きを読む

    TB
    386: 名無しの笛の踊り (ワッチョイ 5e32-ZyMb) 2020/11/06(金) 16:35:20.75 ID:N3TgZ5Gh0
    壊疽新譜 どうなの?

    マーラー交響曲 第6番悲劇的 ピエール・ブーレーズ

    モーツァルト・ブラームス クラリネット五重奏曲 レオポルト・ウラッハ(クラリネット)
                            ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団

    ベートーヴェン交響曲全集(エグモント序曲・コリオラン序曲) ブリュッヘン


    引用元: ・SACD とBluray Audio について語るスレ010

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1599202810/

    【マーラー:交響曲第6番 ブーレーズ ほか、エソテリックのSACDソフト3種!】の続きを読む

    このページのトップヘ