音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:DAP:SONY

    SONY ウォークマン NW-ZX707 約10.5万円 ZX500シリーズの後継機  2023年01月11日

    SONY ウォークマン NW-A300シリーズ新発売!4.6万円から  

    SONY NW-WM1ZM2 / NW-WM1AM2 新ハイエンドウォークマン発表!  2022年02月09日

    SONY NW-A100シリーズ発表!NW-A50シリーズと比較しての違いは?  2019年09月08日

    ウォークマン40周年記念モデル NW-A100TPSに対する一般ユーザーの感想・反応は?  2019年09月07日

    TB

    ソニーは、ウォークマンZX500シリーズの後継機種として、ハイエンドモデルの技術を多数投入した「NW-ZX707」を1月27日に発売する。ストレージメモリは約64GB、価格はオープンプライスで、店頭予想価格は105,000円前後。カラーはブラックのみ。

    ストリーミング再生時のバッテリーの持ち時間を大幅に改善すると共に、フラッグシップWM1AM2の技術も多数投入し、さらなる高音質化も果たした。筐体も刷新されている。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1468808.html

    【SONY ウォークマン NW-ZX707 約10.5万円 ZX500シリーズの後継機】の続きを読む

    TB

    ソニーは、ウォークマンA100シリーズの後継機種として、「NW-A300シリーズ」2機種を1月27日に発売する。価格は各オープンプライスで、店頭予想価格はストレージ容量32GBの「NW-A306」が46,000円前後、64GBの「NW-A307」が57,000円前後。カラーはグレー、ブルー、ブラックの3色。 OSはAndroid 12。外形寸法は約55.7×98.2×11.8mm。重量は約113g。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1469056.html

    【SONY ウォークマン NW-A300シリーズ新発売!4.6万円から】の続きを読む

    TB
    ソニーは、ウォークマンのハイエンドモデル「NW-WM1ZM2」と「NW-WM1AM2」を3月25日に発売。税込みの実売価格はNW-WM1ZM2が40万円前後、NW-WM1AM2が16万円前後。

    それぞれ、NW-WM1Z、NW-WM1Aの後継機。

    新たにAndroid OSを搭載し。ストリーミング音楽配信への対応を強化したほか、ディスプレイは5型に大型化。データ転送や充電に使う独自のWMポートは廃止され、USB-Cに。

    そのほか、バッテリーの持続時間もアップ。96kHz/24bitのFLAC再生時で、NW-WM1Z/WM1Aが30時間のところ、NW-WM1M2は40時間に伸長。

    DSEE Ultimateがサードパーティー製アプリやBluetooth再生時でも使えるように、PCMをDSDに変換しながら再生する「DSDマスタリングエンジン」新搭載、WM1ZM2は無酸素銅金メッキシャーシの純度アップ。などが変更・向上点として挙げられます。

    【SONY NW-WM1ZM2 / NW-WM1AM2 新ハイエンドウォークマン発表!】の続きを読む

    TB
    NW-A105
    ソニーはIFA2019において、ハイレゾ対応ウォークマンのエントリークラスモデルとなるNW-A100シリーズを発表しました。16GBストレージ内蔵の「NW-A105」を11月に欧州で発売予定。価格は350ユーロ。

    【SONY NW-A100シリーズ発表!NW-A50シリーズと比較しての違いは?】の続きを読む

    TB
    ウォークマン40周年記念モデルとなるハイレゾDAP・NW-A100TPSについては、IFAでの発表に先立ち、速報でお伝えしました。その際の2chまとめは、愛好家的な反応が多くなりがちな、ウォークマンの専門板からのみでした。その後、一般のニュース板でも取り上げられたため、一般的なユーザー目線からの感想や反応という点から、改めてまとめをお送りします。

    NW-A100TPSの内容についてはこちらでご紹介済みです。

    【ウォークマン40周年記念モデル NW-A100TPSに対する一般ユーザーの感想・反応は?】の続きを読む

    このページのトップヘ