CHORD_DAVE
2015東京インターナショナルオーディオショウ(TIAS)において、英国のCHORDブランドは、DSD対応DAコンバーター「DAVE」を発表、実機デモも行いました。価格は150万円(税抜)で、12月発売予定。

DSD 11.2MHzやPCM 768kHz/32bitに対応したUSB-DAC機能つきのDAC/プリアンプ/ヘッドホンアンプ。CHORDの新フラグシップDACという位置づけ。初代フラッグシップDAC「DAC64」から続く単体DACの最高級機最新機。それだけでなく、「究極のDACを目指したという」ほどの意気込みのモデル。

製品名のDAVEは「Digital to Analogue Veritas in Extremis」の略で、CHORD が世に送り出したこの究極のDA コンバーターにふさわしい名としてつけたとしています(ラテン語で「真理 」を意味する「Veritas」 、「極限状態で」を意味する「in Extremis」を、CHORD の アイデンティティの一つである「Digital to Analogue」に掛けたもの)。

コードお得意のDACチップを用いないFPGA(field-programmable gate array)システムには「Spartan-6 Version LX75」を採用。「Hugo」に搭載した「Spartan-6 XC6SLX9」に対し10倍の規模をもつ超高精度なもの。モバイル向けでサイズ制約があったため、HugoのFPGAは「Spartran-6 XC6SLX9」を搭載していたそうですが、今回は据え置きであり制約がないこともあります。

FPGAに実装される、WTA(Watts Transient Aligned) フィルターデザインは164,000タップに向上。これまでのモデルのタップ数はDAC64が1000、QBD76が18,000、Hugoで26,000タップだったですから、これもまた大変な向上ぶり。これにより、256倍オーバーサンプリングによるフィルター処理をさらなる高精度で行うことが可能となり、正確なタイミングとノイズ除去性能の強化によるさらなる音質向上が実現されたとしています。

また、17次というノイズシェイパーも新設計。なんと、このセクションだけで歴代のFPGAを埋め尽くしてしまうほどの規模を持っているそうです。アナログ出力段についても、Hugoでは8エレメントだったところ、20素子によるパルスアレイDACおよび独自の2次アナログノイズシェーパーを新たに採用。

USB入力は最大768kHz/32bit PCM、および11.2MHz DSDに対応。ほか入力として、384kHz対応の同軸デジタルを4系統、192kHz対応の光デジタルを2系統、192kHz対応のAESを1系統搭載。

アナログ出力はXLR端子およびRCA端子を各1系統とステレオ標準ヘッドホン端子を搭載。アナログ出力は可変でプリアンプとしても使えます。また、“768kHzデュアルデータモード”に対応する2系統のultra high speed同軸デジタル出力を搭載。CHORD製品との機器間接続専用のデジタル出力として使います。

なにかにつけて、コード社自身が説明のなかで、最近のヒット作であるポータブル対応のUSB-DAC/プリアンプ/ヘッドホンアンプのHugoとの比較を出してくるのも目に付きます。なにしろ、HugoはDAC64の5年間の販売記録を数カ月で超えたというほどのヒットで、コード社のオーディオ界における立ち位置まで変えるようなインパクトがあったようです。

一方で、やはりコード自身は、据え置きオーディオ機器で、しっかりとブランドのポジションを維持し続けたい思いもあるのでしょう。それがこのDAVEの開発と内容に結びついているように見えます。Hugoの上位機で据え置きにも対応のHugo TTの立場は微妙になる気がしますが…。

それでいて、海外高級ブランドのハイエンドDACとしては比較的リーズナブルで、しかもプリアンプ機能にヘッドホンアンプ機能もついている多機能ぶりは、Hugo愛好者も含め、幅広いオーディオ愛好家の注目を集めそうに思います。ヘッドホンマニアは、バランスヘッドホンにも対応して欲しかったかもしれませんがそういう方向ではないのでしょう。

ポータブルオーディオ愛好家としては、今度は、DAVEの技術を投入した新Hugoの登場も期待するのではないでしょうか。コードとしてはできないこともないでしょうが、販売戦略上はどうするでしょうか。
【CHORD DAVE コードの新フラグシップDAC!】の続きを読む