OmniSheep
WAGNUS.は、同社の新たなフラグシップモデルとなるイヤホンケーブル「OmniSheep」を4月28日より発売。価格は180,000円(税別)。カラーはシルキーホワイト。長さは1.2m。

従来のフラグシップモデル「Frosty Sheep」の後継機。「Frosty Sheep」同様、導体に最高純度の無酸素銅であるclass 1 OFCを採用。純銀メッキと2重シルク巻きを施した計8本のリッツ線に特殊ツイスト処理を施し、編み込み、巻き方向にまでこだわって製作。

シルク巻き線材によりケーブルは柔らかく、形状保持ワイヤーなしでも耳掛け装着が可能。プラグには純銅、線材を繋ぐはんだにも選定を重ねた高品質な素材を採用。イヤーコネクタには左にブルー、右にホワイトの京都オパール装飾が施されています。

音質について、「立体的なサウンドステージと圧倒的な情報量、マスタリングスタジオモニターにも使えるワイドレンジでフラットな周波数バランスを実現した」としています。

イヤホン側コネクターはカスタムIEMで採用される2ピン端子(溝ありL字型)の他、MMCX端子、qdc/UE製カスタムIEM端子、FitEar製カスタムIEM端子が選択可能。また20,000円(税込)でJH audio製4ピン端子にも対応。

高級イヤホン愛好家でも驚きの高額リケーブル。もはやオーディオアクセサリーについて知る人でなければ正気の沙汰とは思えないかもしれません。

メーカーによれば、「既に大変多くの御注文お問い合わせをいただき心より御礼申し上げます。」とのことで、製品として成り立つだけの数は出るようです。
【WAGNUS OmniSheep なんと18万円のイヤホンケーブル!】の続きを読む