TAD-SC025M
テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ(TAD)は、スピーカーケーブル「TAD-SC025M」を5月中旬より発売。長さは2.5m。価格はペア28万円。

特殊な素線製造技術「ディップフォーミング製法」を応用した純銅製の無酸素銅線(DF-OFC)を導体に採用し、高い応答特性とローノイズ特性の両立を実現したという高級スピーカーケーブル。TAD「Evolution」シリーズのスピーカーに最適としています。

マグネシウム合金箔を巻いたシールド構造でノイズを低減したとしています。導体最外殻部には0.25mmのPET(ポリエチレンテレフタレート)モノフィラメント糸から編成された外装編組を被せています。この外装は機械的ストレスからケーブルを解放し、音場豊かな信号伝送を実現すると謳います。

スピーカー端子はロジウムメッキのYラグ端子。

音質にはよさそうな素材、組み合わせを選択し、実際に聴感での練り上げも行っているでしょうから、音自体はよいのでしょう。価格も一般的には高価ですが、こういう世界では珍しくもなく、もっと上もある世界ではあります。国内メーカーでもエソテリックやラックスマンもやっていますし。

ただ、TADの母体たるパイオニアの経営状態が心配されるなか、こういう製品展開で大丈夫なのか、という疑問が少なからず持たれているようです。

決して、文句をつけたいわけではなく、TADやパイオニアが無くなってしまうような事態をオーディオ愛好家は望んでいないということです。

「Evolution」シリーズのスピーカーのユーザーは導入するべきなのでしょうか?


【TAD TAD-SC025M 28万円のスピーカーケーブル!】の続きを読む