ヤマハは、HDMI 2.0端子を備え4K/60p映像の伝送に対応し、HDCP 2.2をサポートするAVアンプ「RX-V379」を6月上旬に発売。価格は48,000円(税抜)。

定格出力100W/chの5.1ch出力で、同社AVアンプ製品の最エントリー機に位置づけ。ネットワーク機能やUSB再生機能などを省略し、シンプルなAVアンプとしての基本機能のみに絞ることで価格を抑えた。

HDMIは最新のHDMI 2.0規格に対応。4入力1出力を装備し、4K/60p(4:2:0)映像の伝送に対応。そのうち1入力1出力で4Kコンテンツの著作権保護技術HDCP 2.2もサポート。ホームシアター機能としては、従来通り音場補正機能にYPAOを搭載し、(一部で風呂と揶揄される)ヤマハ伝統の独自音場創生技術「シネマDSP」にも対応。

従来モデルからの進化点としては、音楽再生機能でBluetoothに対応。スマホなど対応機器内の音楽ファイルを本機でBluetooth再生することが可能で、対応プロファイルはA2DP、コーデックはSBCのみ。設定は、本体フロントに備える「Memory」ボタンを長押しすることで、対応機器とのBluetoothペアリングが行えるようになっている。

なお、本機は圧縮音声の高音域と低音域を補間する独自技術「ミュージックエンハンサー」も備えているが、このミュージックエンハンサーが進化し、Bluetooth入力された音声にも適用できるようになった。これによって、Bluetooth伝送したSBCコーデックの音声でも、本機を使って高品位な音質で楽しめるようにしている。

「FMワイドバンド」にも対応し、90.1MHz~94.9MHzの帯域を新たにサポートしAM難聴取対策・災害対策のための補間中継局に対応。



引用元: ・【総合】YAMAHA ヤマハ AVアンプ【DSP】その20

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1426923262/ 【YAMAHA RX-V379 新低価格AVアンプ 伝統のお風呂は継承!?】の続きを読む