音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: CDプレーヤー

    LUXMAN D-07Xの評判は?  2022年08月18日

    ワイ、CDで音楽を聴く奴が減っている現状を憂い咽び泣く  2022年07月28日

    marantz CD60 11万円の単体CDプレーヤー  2022年06月09日

    LUXMAN D-07X 82.5万円のSACDプレーヤー  2022年05月31日

    ストリーミング全盛の今、高精度クロックやジッター低減にこだわるCDプレーヤーは難しい?  2022年05月05日

    TB


    152: 名無しさん@お腹いっぱい。 2022/07/09(土) 23:31:01.94 ID:pqZkwBJw
    で、d-07x買った人いないのか?


    引用元: ・Luxman総合スレッド 60台目

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1648365045/

    【LUXMAN D-07Xの評判は?】の続きを読む

    TB
    1: 風吹けば名無し 2022/07/26(火) 18:13:11.67 ID:NnvWljPP0
    音楽好きのワイとしてはTSUTAYAでCD選んで借りてきてパソコンに取り込む時間や歌詞カード見ながら音楽聴く楽しみが無くなってくのが勿体なくて堪らん
    サブスクにCD文化が潰されてくのを見てると忍びない


    引用元: ・【悲報】ワイ、CDで音楽を聴く奴が減っている現状を憂い咽び泣く

    https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1658826791/

    【ワイ、CDで音楽を聴く奴が減っている現状を憂い咽び泣く】の続きを読む

    TB
    CD60

    マランツは、ミドルクラスのCDプレーヤー「CD 60」を6月中旬に発売。価格は11万円。

    CD専用機のCD6007の内容をベースに、ネットワークオーディオ機能搭載CDプレーヤー・ND8006と同じDACチップ・ESS製「ES9016K2M」を採用。デザインは2020年に発売された「MODEL 30/SACD 30n」や、2022年3月発売「MODEL 40n」と同様に、新世代のマランツを象徴する筐体デザインを採用。

    マランツオリジナルのアルゴリズムによるデジタルフィルター「Marantz Musical Digital Filtering」を搭載しているのも特徴。

    DACチップ以降のアナログ段には、独自の高速アンプモジュールHDAM、HDAM-SA2を用いたフルディスクリート回路を採用。HDAM-SA2を出力バッファーに使った、高音質なヘッドホンアンプも搭載。3段階のゲイン切り替えも可能。

    オーディオCDに加え、CD-R/CD-RWに記録されたMP3/WMAの再生も可能。SACDは非対応。フロントのUSB-A入力に接続した、USBメモリーやHDDに保存したハイレゾファイルの再生も可能。DSD 5.6MHz、PCM系192kHz/24bitまで再生可能。

    出力端子は、アナログアンバランス×1、同軸デジタル×1、光デジタル×1、ヘッドフォン×1。電源ケーブルは着脱可能のインレット方式。消費電力は46W、外形寸法は442×396×129mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は8kg。

    【marantz CD60 11万円の単体CDプレーヤー】の続きを読む

    TB
    D-07


    ラックスマンは、SACD/CDプレーヤーの新モデル「D-07X」を6月に発売。価格は825,000円。カラーはブラスターホワイト。

    SACD/CDプレーヤー、Dシリーズのミドルレンジ・ポジションとして、約3年の開発期間を経て、フラグシップモデル「D-10X」の性能を受け継ぎつつ、最新回路による最新性能を獲得した「ハイパフォーマンスな新製品」だとしています。

    外形寸法は440×410×132mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は17kg。消費電力は33W。

    ドライブメカには、メカブロックを強固なサイドシャーシにダイレクトにマウント。リジッドに外来振動を遮断する、オリジナル高剛性メカニズム「LxDTM-i」を搭載。D-10Xに迫る信号読み取り精度を実現したと謳っています。

    DAC部分には、ローム製「BD34301EKV」をデュアルモノ構成で採用。発振周波数付近のノイズを低減する、高精度かつ低ジッターの超低位相雑音クロックモジュールも搭載。

    USB入力時には、最大PCM 768kHz/32bit、DSD 22.4MHzまで対応。SACD/DSD再生時には、好みの音質を選択できる2モードのアナログFIRフィルターを備えています。Windows/Macに対応した、音楽再生ソフト「LUXMAN Audio Player」も無料で利用可能。

    MQAフォーマットのフルデコーダー機能も搭載。PCと接続してのMQAファイルの再生に加え、MQA-CDのハイレゾ再生にも対応。

    アナログ回路には、DACの差動出力を受けるフルバランス構成のI/V変換と、LPFステージを兼ねた新開発ディスクリートバッファー回路を搭載。

    電源部は、大型電源トランスと各回路独立のレギュレーター、大容量ブロックコンデンサーを組み合わせたハイイナーシャ電源を採用。

    出力端子は、XLRバランス、RCAアンバランス、光デジタル、同軸デジタルを各1系統装備。光デジタル、USB、同軸デジタル入力。

    アルミ製高級リモコン「RD-29」が付属。ノンツイスト構造の電源ケーブル「JPA-10000i」を付属。

    【LUXMAN D-07X 82.5万円のSACDプレーヤー】の続きを読む

    TB
    5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2022/04/11(月) 09:37:57.18 ID:IdmzYx+j
    我が家の次期SACDプレーヤー選びの参考にならんかな?
    と思って前スレから覗いているが
    何の参考にもならんな
    定評のあるアキュ、エソ、ソウルノートでは音楽の表現がどう違うのか?
    が感想程度でもあると助かるのだが


    引用元: ・最強のCDプレーヤー 3

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1649565643/ 【ストリーミング全盛の今、高精度クロックやジッター低減にこだわるCDプレーヤーは難しい?】の続きを読む

    このページのトップヘ