音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: オーディオアクセサリー

    Amazonで星1つレビューを付けたら業者から脅迫メールが届いた!?  2018年11月27日

    大和ハウスが蓄電池の『オーディオ専用電源システム』開発、音質が激変!  2018年11月07日

    Pioneer APS-DR008 謎の音質向上USBメモリ型アクセサリー新モデル!  2018年10月19日

    Olasonic NA-BTR1 LDAC、aptX HDにも対応したBluetoothレシーバー!  2018年10月07日

    SONY SF-G32T ほか丈夫なSDカード。高音質でもハイレゾ対応でもありません!  

    TB
    1: 風吹けば名無し 2018/11/25(日) 17:46:37.99 ID:i/vBe/hj0
    Amazon以外のアドレスでメールが来て草
    Gmailだった

    ◯◯様

    この度、2月3月にAmazon内での星1レビューをつけておられますことが調査でわかりました。
    現在、日本中で大変なニュースにもなっております通りAmazonでの星1レビューを不法、不正、故意または不適切で評判を下げる内容でつけられている方が増えており、警察によるサイバー犯罪に対する取り締まりが大変厳しくなってきております。

    また、不法、不正・故意が疑わしいレビュー、不適切で評価を下げるような内容につきまして確認したところ内容が評判、評価を非常に落とす内容なので
    弁護士に相談しましたところ、不正競争防止法で禁止されている「信用毀損行為」に該当する可能性があるとの事です。
    さらに場合によっては偽計業務妨害損罪(刑法233条後段)で刑事告訴することも可能だとの事です。
    不正なレビューにより、売り上げの低下・損害が実際に発生しているので損害賠償請求も可能とのことです。
    こちらといたしましても大事にはしたくありませんので、レビューのほうを削除お願いできますでしょうか?
    早急に削除していただけるようでしたらこれ以上大事にはしないつもりです。

    弁護士の判断では、アマゾンとあなたに内容証明を送り次の準備に入れるとのことです。
    注文番号の方を控えさせていただいておりますのでそちらの住所に送らせていただくことも可能です。

    よろしくお願いいたします。

    五十嵐

    引用元: ・Amazonさん個人情報をもらしてしまう

    http://swallow.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543135597/ 【Amazonで星1つレビューを付けたら業者から脅迫メールが届いた!?】の続きを読む

    TB
    ELIIY_Power
    大和ハウス工業(株)は、同社が手がける防音室「奏でる家」向けに、リチウムイオン蓄電池によるオーディオ専用電源供給システムを開発。現在提供を行っている。今回、実際に「奏でる家」および本電源供給システムを導入した東京都・Sさん宅にて内覧会が行われた。

    中略

    蓄電池に切り替わると、一聴してクリアネスが大幅に増して、楽器の音の粒立ちがより明瞭になる。全体として解像度も一段上がったのだが、特に低域の解像度のアップは顕著で、やや聴き取りにくかったベースの音階が明瞭になる。もう一度、元の一般電源に戻すと、その差はやはり明らかだ。一般電源の音だけを聴けば十分にシステムの性能が引き出されていると感じたが、比較するとその差は想像以上に大きかった。

    「奏でる家」のメリットは、住宅メーカーである大和ハウス工業が「住宅」の一部として防音室を設計・提供することにある。家そのものと同時にオーディオ専用室を設計するため、寸法など理想的な設計が行え、さらにコストも業界他社と比較して1/3程度で済むという。一方で、家の新築と不可分なため、すでに住宅をお持ちの方が専用室の導入のみを依頼することはできない。

    【大和ハウスが蓄電池の『オーディオ専用電源システム』開発、音質が激変!】の続きを読む

    TB
    APS-DR008
    パイオニアは、PCオーディオ機器などに接続することでノイズ低減と音質向上を実現するというオーディオアクセサリーのDRESSING「APS-DR008」を12月に発売。受注生産で価格は35,000円。

    DRESSINGシリーズは、USB端子に接続するだけで電源ノイズや信号ノイズを低減し、音質向上をはかる"USBサウンドクオリティアップグレーダー"。USB端子とUSBポートを装備。USB端子を搭載するネットワークオーディオプレーヤーやUSB-DACとPCの間などに接続して使います。

    すでにフラグシップ「APSーDR003」(100,000円)から入門機「APS-DR001」(6,000円)まであり、これで全4モデル展開。

    APS-DR008は、DRESSINGシリーズの中級機。内部制振構造を見直し、高級感のあるアルミ削り出しボディを採用することで、ノイズ原因となる振動を抑制。低域の力強さと高解像度を両立し、高域についても高解像度と歪感を抑えた澄みきった音を実現するとしています。外形寸法は20×60×12mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は26g。

    ソニーの高音質SDカードなどと並ぶ、オカルトオーディオ的アイテムとして一部で有名になっているようです。PCオーディオにおいて、USB接続ラインでのノイズ低減自体は音質的にメリットがあるとは思いますが、内容と価格次第でしょう。

    パイオニアのオーディオ自体危ないのにこんなことをしていていいのか、など、冗談では済まない領域で賛否両論があります。このシリーズでパイオニアのオーディオ機器ビジネスが復活するというなら、多少のことには目を瞑りたい気分ですが、そんなものでもないでしょう…。

    【Pioneer APS-DR008 謎の音質向上USBメモリ型アクセサリー新モデル!】の続きを読む

    TB
    NA-BTR1

    インターアクションは、Olasonic(オラソニック)ブランドの新製品として、LDAC、aptX HDにも対応した、オーディオ用Bluetoothレシーバー「NA-BTR1」を11月1日に発売。オープン価格で、実売予想価格は18,000円前後。

    スマホ、DAPなどからのBluetooth送信信号を受信、出力し、コンポなどに接続できるようにします。

    自社設計、日本生産のハイレゾ対応Bluetoothモジュールを搭載。QualcommのCSR8675を使ったモジュールで、コーデックはSBC、AAC、aptXに加え、LDACの96kHz/24bit、aptX HDの48kHz/24bitまでサポート。NFCもサポートし、対応機器とワンタッチでペアリングできます。

    出力はRCAのアナログ、同軸デジタル、光デジタルを各1系統搭載。アナログ出力は、モジュールからのデジタルデータを、384kHz/32bitのDACを使い、高精度にアナログ変換するとしています。電源はACアダプター方式。

    外形寸法は100×100×30mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約122g。

    据え置き環境でBluetooth受信して高音質に聴く、という用途に向いています。受信機ではなく、LDACなどの送信機としても使えればよかったのに、という声もあります。いずれにしてもオーディオのBluetooth化の進行は加速するばかりです。
    【Olasonic NA-BTR1 LDAC、aptX HDにも対応したBluetoothレシーバー!】の続きを読む

    TB

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/04(木) 19:44:14.88 ID:CAP_USER
    no title

    ソニーは、物理破損強度を高めたSDカード「SF-G シリーズTOUGH(タフ)仕様」を発表した。記憶容量は32GB(SF-G32T)、64GB(SF-G64T)、128GB(SF-G128T)の3種。UHS-II対応で、転送速度は書き込み299MB/秒、読み込み300MB/秒。発売日は32GBと64GBが10月20日、128GBは11月24日をそれぞれ予定している。価格はオープン。

    2017年4月に発売された、高速なデータ転送が特徴の同社製SDカード「SF-G」シリーズに強靭性、防水性、防塵性を加味したタフネス仕様。物理的な形状は従来のSDカードと同様で互換性を保つが、成型構造の見直しが図られている。

    従来のSDカードでは、メモリーを2枚のポリカーボネート外装で挟みこむ方法で成型されていたが、本カードではメモリーと外装を一体成型することで物理的な衝撃耐性を高めている。また素材も見直すことで、従来のSDカード比で約18倍の曲げ強度を実現。約18kgの加重と約5mの落下衝撃に耐えるとしている。防水・防塵性能もIP68相当の耐性を実現。テスト結果では水深5mに72時間沈めても問題なかったという。

    この他、一般的なSDカードで設けられている端子部のリブ(段差)を無しにすることで、抜き差しの繰り返しなどによる破損を抑制。ライトプロテクトスイッチも廃止した。

    物理的な強度を向上させるとともに、ソフトウェア面からもデータの保護性能を高めた。従来どおり、同社製メモリーカードに付属するファイル復旧ソフトウェア「ファイルレスキュー」の他に、SD診断ソフト「SD Scan Utility」が利用できる。

    SD Scan Utilityは、メモリーカードの状態を診断するソフトウェア。タスクバーに常駐し、カード挿入時に書き込みエリアの消耗具合を判断。グラフィカルに状態を伝えるという。撮影前にカードの状態をチェックすることで実撮影時でのトラブル防止に役立つとしている。今回の製品には、上記診断用のコントローラが入っているという。

    型番および容量、店頭予想価格(税別)
    SF-G128T(128GB):4万円前後
    SF-G64T(64GB):2万円前後
    SF-G32T(32GB):1万4,000円前後
    https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1145656.html

    引用元: ・【製品】ソニー、一体成型で丈夫な設計のSDメモリーカード

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1538649854/ 【SONY SF-G32T ほか丈夫なSDカード。高音質でもハイレゾ対応でもありません!】の続きを読む

    このページのトップヘ