音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: VR・HMD

    Google、ARヘッドセットの2024年発売を目指す「Project Iris」推進中?  2022年01月24日

    SONY「PlayStation VR2」を発表。今年こそVR元年になる模様  2022年01月07日

    ソニーが4K×4K解像度・10円玉サイズの有機ELパネルを開発 VR用途に  2021年12月13日

    Facebookが社名を「Meta」に変更、Oculusブランドは廃止 VRヘッドセットは「Meta Quest」に  2021年10月31日

    SONY Xperia View なんとXperia 1 II/1 III専用のVRヘッドセット!  2021年10月27日

    TB

    1: ムヒタ ★ 2022/01/21(金) 09:52:27.66 ID:CAP_USER
     米Googleは最近、ARヘッドセット開発プロジェクトを立ち上げ、2024年の製品発売を目指している──。米The Vergeが1月20日(現地時間)、プロジェクトに詳しい2人の匿名の情報筋の話としてそう報じた。

     プロジェクトは「Project Iris」(irisは虹彩という意味)という名称で、Meta(旧Facebook)やAppleが開発中とうわさされているヘッドセットと同様に、搭載するカメラの映像とグラフィックスをブレンドする没入型のMR(複合現実)を提供する端末になるという。

     開発中の初期のプロトタイプは、スキーゴーグルに似ており、外部電源への接続は不要。Pixel 6シリーズに搭載の「Google Tensor」のような独自SoCを搭載する。The VergeはGoogleの最近の求人情報から、独自OSベースになる可能性を示した。

     情報筋によると、ヘッドセットに取り組んでいるチームは約300人で、今後さらに数百人を雇用する予定という。

    2022年01月21日 08時55分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2201/21/news080.html

    引用元: ・【IT】Google、ARヘッドセットの2024年発売を目指す「Project Iris」推進中との報道 [ムヒタ★]

    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1642726347/ 【Google、ARヘッドセットの2024年発売を目指す「Project Iris」推進中?】の続きを読む

    TB

    ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、CESにおいてPlayStation 5(PS5)に対応した新世代VRヘッドセット「PlayStation VR2」(PS VR2)、および「PlayStation VR2 Sense controller」を発表した。

    ゲーム機本体のスペック強化により新しいレベルのVRゲーミング体験を可能にしたモデル。片目あたり2,000×2,040ドットのOLEDパネルになり、4K HDRおよび110度の視野(field of view)を実現。さらに、90/120Hz対応…

    続きはソース元で

    【SONY「PlayStation VR2」を発表。今年こそVR元年になる模様】の続きを読む

    TB
    1: haru ★ 2021/12/10(金) 16:04:30.68 ID:fbRyyzIK9
    ソニーは、1インチ台で4K解像度の「4K OLED マイクロディスプレイ」を開発しました。メタバースで注目を集めるVRゴーグルで「片目4K」「両目8K」の超高精細映像を実現します。

    この「4K OLED マイクロディスプレイ」は、詳細なインチ数は非公開なものの、10円玉程度のサイズで、4K解像度を実現。また、液晶テレビのような16:9(3840 x 2160)の4K x 2K解像度ではなく、VR用途を見据えた1:1の正方形に近い4K x 4K解像度となります。

    画素の配置もスマートフォンのOELDのようなPentile配列ではなく、1つのピクセルにRGBが揃うRGB配列とし、より解像度感を高めています。

    なお「片目4K」のVRゴーグルは、液晶パネルを用いた製品がこれまでも存在しますが、アスペクト比が16:9の4K x 2K解像度となっており、片目で4K x 4KのVR用パネルはこれまで存在していませんでした。

    同パネルの生産には、ソニーが得意とするイメージセンサの製造に用いる微細加工プロセス技術を応用。生産はソニーセミコンダクタマニュファクチャリングが担当し、プロトタイプの生産は日本国内のソニー自社工場で行っています。

    また、VR酔いの原因となる、頭の動きと映像の動きのズレ(=遅延)の低減にも注力。両目で8Kという高精細な映像を扱いながらも、映像の処理時間を0.01秒以下にまで短縮し、高精細な映像表示とあわせ、より現実感のあるVR表現を可能とします。

    なお、同パネルはソニーのR&D部門が開発しており、商用化予定は現時点では非公開。


    https://s.yimg.com/os/creatr-uploaded-images/2021-12/e25aa610-58b1-11ec-bd57-09d083a0fb82.jpg
    https://s.yimg.com/os/creatr-uploaded-images/2021-12/354e11c0-594f-11ec-bbdf-ce0e50d8eeb6.jpg
    https://s.yimg.com/os/creatr-uploaded-images/2021-12/3585c390-594f-11ec-9abf-48dff7f5f4bf.jpg


    2021/12/10
    https://japanese.engadget.com/vr-005046879.html


    引用元: ・【技術】ソニーが4K×4K解像度・10円玉サイズの有機ELパネルを開発 VR用途に [haru★]

    https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1639119870/

    【ソニーが4K×4K解像度・10円玉サイズの有機ELパネルを開発 VR用途に】の続きを読む

    TB
    1: とれたてトマトくん(SB-Android) [RO] 2021/10/29(金) 10:58:05.02 ID:Apqph9sC0● BE:866556825-PLT(21500)
    「Oculus」ブランド消滅へ 「Oculus Quest」は「Meta Quest」に Facebook社名変更で

    https://www.itmedia.co.jp/news/spv/2110/29/news079.html

    米Meta(旧社名Facebook)は10月28日に発表した社名変更に伴い、ヘッドセットなどVR周りで使用されてきた「Oculus」ブランドをMetaに統一する。2022年初頭より移行するという。
    働き方がリモートファーストになる時代 あなたの会社は?
    “ハンコ出社”やめませんか? 電子署名は社内稟議でも活躍
    テレワーク時代のPC選定、決め手は強固なセキュリティ
     米Facebookが10月28日(現地時間)に発表した「Meta」への社名変更に併せ、ヘッドセットなどVR分野で使用されてきた同社の「Oculus」ブランドが消滅する。商品やサービスの名前は今後、「Meta ●●」に統一していくという。次期CTOに就任予定のアンドリュー・ボスワース氏が自身のFacebookアカウントで明らかにした。


    Facebook次期CTOのアンドリュー・ボスワース氏の投稿
     ボスワース氏によれば、2022年初頭から徐々に名前を変えていくという。例えば「Oculus Quest」は「Meta Quest」に、「Oculus App」は「Meta Quest App」になる。名前を変える理由については「ブランドと製品を全てMetaに寄せていき、消費者にMetaのビジョンをより理解してもらうため」としている。

     ボスワース氏はOculusブランドの廃止について「私たちは皆、Oculusブランドに強い愛着を持っており、非常に難しい決断だった。名前は廃止するがOculusが掲げたビジョンは、Metaが今日のVRの大衆化を推し進める方法に深く根ざしている」としている。


    引用元: ・Facebook「社名変わりました。Metaになりました」「ふーん影響ないな」「OculusもMetaになります」 [866556825]

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1635472685/

    【Facebookが社名を「Meta」に変更、Oculusブランドは廃止 VRヘッドセットは「Meta Quest」に】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん必死だな 2021/10/26(火) 12:25:46.98 ID:yg6cn2JT0
    ソニー、8K HDR映像/対角120度のVRヘッドセット「Xperia View」。スマホを装着して使用

    ソニーは、VRヘッドセット「Xperia View」を11月19日に発売する。価格はオープンだが、税込3万円前後の実売が予想される。

    同社スマートフォン「Xperia 1 II」および「Xperia 1 III」を差し込むことで、VRヘッドセットとして利用できるアイテム。スマートフォンの性能を活用することにより、8K HDR映像で対角120度広視野角のVR視聴体験を実現した。なお、現状では上記2モデルのみの対応となる。


    専用アプリケーション「Xperia View」を用意し、ここからコンテンツの利用が可能。発売時には、DMM動画と360Channelがサービスとして対応するほか、内蔵ストレージにある写真や動画を仮想ディスプレイで閲覧することもできる。

    操作においてコントローラーは不要で、本体上部にある穴からXperia側のボタンを押すかたち。側面を2回タップして決定するといった、直感的な操作にも対応する。またスピーカーについてもXperia本体のものを活用する格好となる。

    no title

    https://www.phileweb.com/news/photo/d-av/539/53915/view2.jpg
    https://www.phileweb.com/news/photo/d-av/539/53915/view4.jpg
    https://www.phileweb.com/news/photo/d-av/539/53915/view6.jpg
    https://www.phileweb.com/news/photo/d-av/539/53915/view7.jpg
    https://www.phileweb.com/news/photo/d-av/539/53915/view5.jpg
    https://www.phileweb.com/news/photo/d-av/539/53915/view3.jpg
    https://www.phileweb.com/news/d-av/202110/26/53915.html

    引用元: ・【速報】ソニーのVRヘッドセット「Xperia View」脅威の8k視野角120度で3万円!VR時代始まったわ

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1635218746/ 【SONY Xperia View なんとXperia 1 II/1 III専用のVRヘッドセット!】の続きを読む

    このページのトップヘ