VRDS-701


ティアックは、米国で現地時間の2月17日から開催される「FLORIDA INTERNATIONAL AUDIO EXPO」に、最新CDプレーヤー「VRDS-701」を参考出品する。CDドライブに、新開発のV.R.D.Sメカニズムを搭載する。

対応ディスク形式はCD-DA(12cm)、CD-R/CD-RW。光デジタル入力×1、同軸デジタル入力×1も装備する。10MHzクロック入力はBNC端子。出力がアナログXLRバランス、RCAアンバランス。光デジタル、同軸デジタル出力も備える。

外形寸法は、444×333.6×111.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は11.8kg。

アナログプリアンプ回路「TEAC-QVCS」を使ったボリューム機能により、パワーアンプ直結が可能。MQA CDの再生に加え、デジタル入力でもMQAのフルデコードが行なえる。USB DAC機能も備え、DSD 22.5MHz、PCM 384kHz/32bitまでの再生が可能。USB入力端子はUSB-C。

RDOT-NEOによる、2xFs/4xFs/8xFs へのアップコンバート機能も搭載。10MHzの外部クロック入力も備える。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1479644.html



スポンサーリンク


▶ 【最大10,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく






※SACD非対応は悪い選択か英断か?ただ、VRDSメカの凄みはやはりCD特化型タイプに発揮されるような気もします。VRDSメカも初登場から30年は経つと思いますが、今でも続いているのは立派だと思います。

(CD特化型VRDSプレーヤーの名機とされるVRDS-25Xs・1998年・23万円・長岡鉄男最晩年の使用機種)