LX-NZ30

JVCケンウッドは、JVCブランドより、高輝度化を実現するとともにハイフレームレートと低遅延に対応した4K/HDR対応プロジェクター「LX-NZ30」を、3月下旬より発売する。価格はオープンだが、税込440,000円前後での実売が予想される。

レーザー光源技術「BLU-Escent」の効率を従来より高めることで、前モデル「LX-NZ3」と比較して輝度は約10%向上となる3,300ルーメンを実現。HDR投写時のピーク輝度を高め、レンジ感の広い映像が投写可能としている。

また最大240Hz(1920×1080入力時)のハイフレームレートに対応し、大画面でも動きの速い映像コンテンツを滑らかで低遅延に楽しめるとアピール。低遅延モード設定時には、遅延は1.5フレーム以下(4K60Hz時)を実現。入力端子にDisplayPortを備え、PCからのダイレクト接続にも対応し、PC/家庭用ゲームなどもストレスなくプレイできると説明する。

投写はDLP方式で、1920×1080の0.47型DMDを搭載。解像度は3840×2160の4K映像表示に対応する。HDRはHDR10、HLGをサポートしている。

https://www.phileweb.com/news/d-av/202302/09/57476.html



スポンサーリンク


▶ 【最大10,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく