ハーマンインターナショナルは、JBLブランドの新製品として、一体型オーディオ「JBL L75ms」を3月下旬に発売。ワイヤレス・オーディオ機能に加え、HDMI入力も備え、テレビとも連携可能。価格は198,000円。

JBL創立75周年記念モデルの第3弾となるインテグレーテッド・ミュージックシステム。「最新の音楽ストリーミングサービスから従来のアナログレコードまで、すべての音楽ソースをより手軽に楽しむことをコンセプトに、アメリカ カリフォルニア州ノースリッジに拠点を構えるJBLサウンドラボにおいて設計・開発された」としています。

ワイヤレス接続では、Bluetoothに加え、AirPlay 2、Google Chromecastにも対応。Bluetoothはバージョン4.2に対応。独自の「Music Life」アプリを使用すると、UPnPでLAN上にある音楽ファイルのネットワーク再生も可能。再生対応ファイルは、AAC/AIFF/Apple Lossless/DSD(PCM変換)/FLAC/MP3/OGG/WAV/WMA。対応サンプリングレートは192kHzまで。

有線接続として3.5mmのAUX入力と、アナログレコード再生用のPhono入力(MM)も搭載。さらに、HDMI入力端子も装備。なお、HDMIで再生可能な音声は2ch PCMのみ。サブウーファー出力(RCA)も備えています。

スピーカーユニットは、133mm径ウーファー×2基、25mm径ツイーター×2基、100mm径ミッドレンジ×1を組み合わせた5ユニット構成。周波数特性は45Hz~25kHz(-6dB)。

各ユニットは、それぞれ独立したDSP制御およびパワーアンプ駆動によってドライブ。アンプの総合出力は350W。

デザインは、「JBL L-Classic」シリーズを踏襲。ウォールナット天然木突板仕上げのキャビネットと、マグネット着脱式のQuadrexフォームグリルを採用。外形寸法は790×287×216mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は15.9kg。Bluetoothリモコンも付属。

往年のパラゴンに似せた風貌に最新の内容の満載。ハイレゾ・ストリーミング対応のホームオーディオとサウンドバーを1台でまかなえる汎用性も注目。確実に今後のゼネラル・ホームオーディオの在り方を示しているようには思えます。



スポンサーリンク


▶ 【最大10,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく