model424

マス工房は、バランス対応のヘッドホンアンプ「model424」を8月に発売。初回ロット50台を、特別直販価格の15万円で販売。7月7日に東京・中野サンプラザで開催される「ポータブルオーディオ研究会 2018夏」で初展示するとしています。

「model404」の後継機でアナログ入力専用のヘッドホンアンプ。model404のバランス回路をそのまま使用。入力端子を、日本ディックス製Pentaconnの4.4mm 5極バランス、出力をXLRのみとし、電池を単3×6本から、model424では4本に減らすことでサイズの小型化を実現。アルカリ電池使用時の連続使用時間は約4時間。

変換ケーブルを使うことで、アンバランスに接続にも対応。そのためのモード切替スイッチを備えています。

97×132×40mm(幅×奥行き×高さ)で、重量はアルカリ電池を含めて475g。

アナログ入力専用のバランス接続対応ヘッドホンアンプはニッチな存在と言わざるを得ず、本機もとても一般的と言えないでしょう。ただ、確実にバランス接続にこだわるヘッドホン愛好家はいるようで、少数生産なら成り立つという側面は今のところはあるようです。

【マス工房 model424 バランス対応ヘッドホンアンプもこのタイプの存在意義は?】の続きを読む