音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:Xperia

    ソニー未発表のXperiaスマホ「PY7-04606A」がFCC通過。イヤホンジャックを搭載している模様  2018年07月04日

    ソニーが赤字のスマホ事業を続ける理由!  2018年05月04日

    Xperia XZ2、英国で買うとPS4かPSVRがオマケに!  2018年03月21日

    Xperia XZ2開発者に聞いた「イヤホン端子を無くした理由」!  2018年03月01日

    【悲報】SONY 新型Xperia フラグシップ機でついにイヤホンジャックを廃止する模様  2018年01月21日

    TB
    639: SIM無しさん (スププ Sd03-5/xb [49.98.50.72]) 2018/07/03(火) 11:58:22.27 ID:4j8mwtS6d
    新デザインのXperia、PY7-04606AがFCC認証通過、3.5mmジャック復活
    https://sumahoinfo.com/new-xperia-with-3-5mm-headphone-jack-py7-04606a-passed-fcc

    e6d1fa34-s


    イヤホンジャック復活キタ―――(゜∀゜)―――!!!

    ※イヤホン「MH410c」が同梱。3.5mmステレオミニプラグ接続のヘッドセットです。

    引用元: ・Sony Mobile 次世代Xperia 総合188

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/smartphone/1529916290/ 【ソニー未発表のXperiaスマホ「PY7-04606A」がFCC通過。イヤホンジャックを搭載している模様】の続きを読む

    TB
    1: ばーど ★ 2018/05/01(火) 10:19:49.33 ID:CAP_USER9
    ソニーは2018年4月27日、東京都内で会見を開き、2017年度(2018年3月期)決算について説明した。同年度第3四半期決算での見通しから大幅な変更はなく、売上高、営業利益とも過去最高となる業績を達成した。

    2014年から決算説明を担当してきた吉田憲一郎氏が社長兼CEOに就任したことを受けて、吉田氏に代わり代表執行役 EVP CFOに就任した十時裕樹氏が、2017年度業績と、2018年度の業績見込みについて説明した。

    2017年度連結業績は、売上高が前年度比12.4%増の8兆5440億円、営業利益が同2.5倍の7349億円、税引き前利益が同2.8倍の6990億円、当期純利益が同6.7倍の4908億円となった。2015~2017年度の中期経営計画の目標は、営業利益5000億円以上、ROE10%以上だったが、営業利益は7349億円、ROEは18%となり達成した。

    好業績を受けての2018年度連結業背の見通しは、売上高が前年度比2.9%減の8兆3000億円、営業利益が同8.8%減の6700億円、税引き前利益が同5.1%増の7350億円、当期純利益が同2.2%減の4800億円で、税引き前利益を除き減収減益となる。減収は。為替の影響とスマートフォンを手掛けるモバイルコミュニケーション分野の事業絞り込みによるもの。減益は、為替の影響と2017年度に発生した特別利益要因がなくなることが要因となっている。「為替の影響による減益は、エレクトロニクス5分野で380億円を想定している」(十時氏)という。なお、税引き前利益の増加は、子会社が所有するSpotify株式の売却益1000億円を組み込んでいるためだ。

    ●エレクトロニクス5分野のうち4分野は好調を維持

    2017年度までの平井社長体制で常に課題を抱えてきたのがエレクトロニクス5分野(リチウムイオン電池事業の売却前は6分野)だ。「プレイステーション 4」が好調なゲーム&ネットワークサービス分野、テレビ事業の構造改革に成功したホームエンターテインメント&サウンド分野、高付加価値化で競合他社に先行するイメージング・プロダクツ&ソリューション分野、イメージセンサーの販売が絶好調の半導体分野については、2017年度から2018年度にかけて好調を維持する見通しだ。

    ●モバイルコミュニケーション分野は減損を計上

    これら4分野と比べて厳しい状況にあるのが、スマートフォンを手掛けるモバイルコミュニケーション分野である。2017年度の売上高は前年度比4.7%減の7237億円、営業損益は同378億円悪化の276億円の損失となった。赤字になったのは、今後の販売台数の減少を見込んだ事業見直しによる将来キャッシュフローの減少に合わせて、313億円の固定資産の減損を計上したことによるものだ。2016年度のスマートフォン販売台数は1460万台だったが、2017年度は1350万台に減少している。

    2018年度のモバイルコミュニケーション分野の業績見込みは、売上高が前年度比11.6%減の6400億円、営業損益が同126億円改善の150億円の損失となる。スマートフォン販売台数見込みも1000万台まで引き下げた。

    十時氏は、2014年秋から今回CFOに就任するまで、モバイルコミュニケーション分野を担当してきた。同氏は「依然として収益改善できていない事実は大変重く受け止めている」とする一方で、「次世代通信技術の5Gはスマートフォン以外のさまざまな製品で用いられるだろう。この5Gを手掛けて行くにはソニー社内で技術を有しておく必要がある。そこで得た5G技術はグループ全体に展開していくことになるだろう。そのためにも、モバイルコミュニケーション分野は、年間1000万台のスマートフォン販売台数で事業を継続できるような体制構築を進める。この方針は経営陣の総意でもある」と強調する。

    また、CFO就任の抱負として「これまでソニーは5000億円以上の営業利益を継続して出したことがない。だからこそ、2018年度からの中期経営計画では、利益を安定して出し続けることが重要だ」(十時氏)としている

    5/1(火) 8:10
    MONOist
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000009-it_monoist-ind

    関連スレ
    【決算】ソニー、増収増益 PS4とFate/GO好調 スマホ事業は赤字
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525002944/
    【企業決算】ソニー営業利益 20年ぶりに過去最高更新  プレステ4など好調で
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524822156/

    引用元: ・【企業】ソニー過去最高業績もスマホ事業が赤字 それでも続ける理由は「5G」

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1525137589/ 【ソニーが赤字のスマホ事業を続ける理由!】の続きを読む

    TB

    Xperia XZ2

    イヤホンジャック廃止、さらにはソニー自らがその釈明をするという予想外の展開もあった、「Xperia XZ2」
    SONY Xperia XZ2 4K/HDR動画撮影初対応もイヤホンジャック廃止!
    Xperia XZ2開発者に聞いた「イヤホン端子を無くした理由」!

    今度は英国で買うとPS4かPSVRがオマケにつくという大胆な販促が行われることがわかりました。日本で行うとしたらLDAC対応イヤホンあたりが付くと面白いとおもうのですが。
    1: 名無しさん必死だな 2018/03/19(月) 15:44:20.44 ID:b09Ah4Qj0
    ソニー製Androidスマートフォン「Xperia XZ2」を購入予約すると、「PlayStation 4」または「PlayStation VR」がもらえるというキャンペーンを開催している。

    4月18日までに予約を行なうと、PlayStation 4もしくは、PlayStation VRが無料でもらえるという。
    対象となるのは18歳以上で、1,000人先着となっている。SIMフリーモデルの価格は699ポンド(約10万3千円)。

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1112453.html

    引用元: ・Xperia XZ2、英国で買うとPS4かPSVRがオマケに

    http://krsw.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1521441860/ 【Xperia XZ2、英国で買うとPS4かPSVRがオマケに!】の続きを読む

    TB
    Xperia XZ2

    発表時から賛否両論のある、ソニー新フラグシップスマホ「Xperia XZ2」でのイヤホンジャック廃止。

    ソニーでも重々この点が議論になるとわかっていて、オーディオニュースサイト・ファイルウェブにて、その説明(釈明?)を行っています。

    結構長い文章で、いろいろと考え、難しい決断だったことをうかがわせますが、以下の内容に集約されているものと思われます。


    「スマホ側から見れば、3.5mm口径のアナログイヤホンジャックを無くすことは本体のスリム化や、端子の孔を減らすことで気密性を上げる効果につながります。ただ、アナログのイヤホンジャックを求める方々の声が根強いこともよくわかっていましたので、開発陣の間でも、結論の出ない議論を長く続けてきました。その過程では、ソニーのオーディオ開発部門とポータブルオーディオのリスニングスタイルに関するアンケートを共有したり、ありとあらゆる側面から調査を行いました」。

    「ワイヤレスリスニングのトレンドも顕在化しつつある中、USBデジタル接続に変わっても有線接続でのハイレゾ再生品質を確保すること、3.5mmイヤホンジャックへの変換アダプターを使って従来のヘッドホン・イヤホンをご利用いただける環境を整えることを条件に開発を進めて、結果、このタイミングでUSB接続に一本化するという判断に至っています」

    https://www.phileweb.com/interview/article/201803/01/539_2.html



    もちろん、これもソニーの現時点での決断の結果であって、今後がどうなるかもわかりません。

    USB接続に切り替わると、Xperia Z2の頃から搭載している「デジタルNC機能」が使えなくなるというマイナス面もありますが、これにはイヤホン、ヘッドホン側で搭載する機種をソニー自らが発売することで対応する予定とのことです。また、USB Type-Cによるデジタル接続可能なイヤホンが社外からも出ることへの期待もにじませています。USB Type-Cによる有線イヤホンの一般化もカギとなるようです。

    【Xperia XZ2開発者に聞いた「イヤホン端子を無くした理由」!】の続きを読む

    TB
    653: SIM無しさん (ワッチョイ bdee-itcO) 2018/01/21(日) 08:49:24.44 ID:/ka/4jSU0
    here are the dimensions from the documents
    overall length x width - 152.79 mm x 72.42 mm
    overall diagonal - 165.695 mm
    screen diagonal: 145 mm - 5.7 inches

    XZ Premium for comparison
    overall length x width - 156 mm x 77 mm
    no title

    no title

    18:9 - 76.1% screen to body ratio
    no title

    16:9 - 81.2% screen to body ratio
    no title

    https://www.esato.com/board/viewtopic.php?topic=208698&start=1125

    FCCでXZPより一回り小さくて5.7インチの機種が通過した
    どうせ16:9だから画面占有率は81.2%にもなるそうだ
    SIMスロットの位置も上側に移動してるからデザインが変わるのも間違いないだろう

    引用元: ・Sony Mobile 次世代Xperia 総合164

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/smartphone/1515883742/ 【【悲報】SONY 新型Xperia フラグシップ機でついにイヤホンジャックを廃止する模様】の続きを読む

    このページのトップヘ