ソニーは、スポーツ向けのネックバンド型Bluetoothイヤホン2モデルを4月28日に発売。いずれもオープン価格で、実売予想価格はデジタルノイズキャンセリング(NC)対応の密閉型「WI-SP600N」が19,000円前後、NC非対応の開放型「WI-SP500」が9,000円前後。

ここでは下位の「WI-SP500」をご紹介。

耳の穴を完全にはふさがない開放型を採用しているのが特徴。「WI-SP600N」は通常の密閉型ですので、ここは大きく違います。ほか、WI-SP600NのみNC搭載で、スマートフォンアプリからの設定にも対応する点なども違います。

SONY WI-SP600N 話題機の影に隠れてしまった?


周囲の音が聞き取りやすく、音楽をBGM感覚で楽しんだり、周囲の状況に気を配りながらトレーニングしたりできるとしています。 また、耳に合わせた形状と、滑りにくい突起状のイヤピースを採用し、高い装着性を実現。 ユニットは13.5mm径。


Bluetoothのバージョンは4.2で、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックがSBC、AAC。ハンズフリー通話が可能なほか、SiriやGoogleアプリといった音声アシスタント機能の起動にも対応。


バッテリー駆動時間は最大8時間。充電時間は約2時間。重量は約18g。イヤーピースはS/Mサイズ。コンパクトに持ち運べるキャリングホルダーが付属。

下位機ということで目立ちませんが、同時期発売のソニーのイヤホンは 「 Xperia Ear Duo XEA20」が本機のように耳を塞がずに聴ける「完全ワイヤレスイヤホン」ということで注目を集めています。
Xperia Ear Duo XEA20 発売!購入者の感想紹介!音漏れ、音質は?

本機についてはまだあまり購入者の方の感想が少なく、全体的な評価をどうこうできるだけの材料がないと言えます。

これからはこうした耳を塞がないイヤホンも増えてくるのかもしれません。

【SONY WI-SP500 はやりの耳を塞がないイヤホン!購入者の感想は少ない!】の続きを読む