サンコー株式会社は、USBメモリに近い大きさで液晶付きの小型ボイスレコーダー「指でつまめる液晶付きスーパーミニボイスレコーダー」を発売。価格は3,980円。

本体サイズが22×56×12mm(幅×奥行き×高さ)、重量が18gの小型ボイスレコーダ。本体上部に12×8mmの小型液晶がついており、録音状況や録音時間、バッテリー残量なども確認できます。

8GBのメモリを内蔵し、USBメモリとしても利用できます。録音データはWAV形式で、1分間で約1.5MB。録音時間は約90時間。USBで充電し、30分の充電で約6時間の駆動が可能。MP3再生可能でイヤホン端子も備えるので、ポータブルプレーヤーとしても使えます。

小さくて、しかも安いと思いますが、今は中国メーカーも含めて多くの製品が安くあり、独自の存在感を示せる製品なのかはわかりません。長い日本語名の製品名も少しでも目立とうという気持ちの表れなのでしょうか(一応VORECDSCが型番のようです)。液晶付きはポイントのようです。

ICレコーダーは時に世間を揺るがすほどの内容を録音するのに活躍することもあるだけに、もしものために優秀なものを一つ持っておいた方がいいのかもしれません。
【サンコー スーパーミニボイスレコーダー VORECDSC 国内大手や中華製に食い込めるか?】の続きを読む