センター商事はクラシックデザインのラジオカセットプレイヤー「TY-1710 ラジオ/カセットプレイヤー」を発売。オープン価格で予想実売価格は1万2960円。

カセットテープ再生に対応したラジカセで、FM/AMラジオ再生にも対応。またUSBメモリおよびSDメモリーカードからのmp3再生もサポート。USBメモリ/SDカードへの録音にも対応。カセットテープの録音はモノラル。アンプ部が定格出力5W×2。

カセットテープに慣れ親しんだ世代が懐かしさを感じるよう、木目調のボディに大きな円型スピーカーや伸縮するアンテナ、スイッチ形式の操作ボタンなど、レトロなデザインを施したというのが大きな特徴。

本体サイズは293(幅)×89(奥行き)×180(高さ)mm、重量は約1.43kg。

見た目優先のラジカセと言えるでしょう。カセットテープも再生できますというノスタルジックなアイテムの範疇。

ただ、実際に昔のラジカセを知っている人からすると違和感のあるデザインなようで、70年代のラジカセを知らない人向けのようです?ますますカセットテープやラジカセが歴史の彼方に行ってしまうことを強く感じます。





【CICONIA TY-1710 木目調ボディのレトロ風ラジカセ!】の続きを読む