米携帯電話大手のSprintは、高音質音楽配信サービスを手がけるTIDALに33%出資することを発表した。

Sprintは4,500万人に及ぶ同社の顧客に対して、TIDALへの無制限のアクセス権を提供する。またTIDALはSprintユーザーに対して、「これまでどこにも出ていなかった」という独占コンテンツを提供する。独占コンテンツの内容やプロモーションについては、間もなく明らかにされるという。

TIDALはアーティストのJAY-Zなどがオーナーとなっている高音質音楽サービス。52カ国でサービスを提供しており、4,250万曲の楽曲カタログと14万の高画質ビデオライブラリーを持っている。ロスレス音源のストリーミング配信を行っているほか、最近ではMQAによるハイレゾ音源配信も開始した。

http://www.phileweb.com/news/d-av/201701/23/40409.html



※Sprintは米4位の携帯電話会社で、2013年にソフトバンクグループが買収しています。また、TIDALは日本ではサービス提供されていません。今後の国内展開も不明です。

このニュースが出たためなのか、今度はTIDALに利用者数の水増し疑惑が報道されました。ノルウェーの経済誌「Dagens Naeringsliv」が報じたところによりますと、TIDALはテックメディア「The Verge」に対して、昨年3月時点でのトライアルを含めない利用者数は300万人だと述べていました。しかし、Dagens Naeringslivの調査によって、その翌月の社内資料には利用者数が120万人と記されていたとのこと。

同社は、Dagens Naeringslivの取材に対して拒んでいましたが、その後顧問弁護士が記事の内容を全面的に否定したともしています。

いずれにしても、会員数では業界最大手のスポティファイに圧倒的な差があります。同社の経営は赤字が続いており、経営難もささやかれているのも確かです。

オーディオ面ではMQAによるハイレゾ配信の部分で大いに期待できるだけに、頑張って欲しいと思います。
【TIDAL株式の33%をソフトバンク子会社の米Sprintが取得!利用者水増し疑惑も…】の続きを読む