HIFIMAN JAPANは、平面磁界駆動型ヘッドホン「SUNDARA」を5月25日より発売。オープン価格で、店頭予想価格は5万円前後。

製品名のSUNDARAは古代サンスクリット語で「美しい」の意味。HIFIMANの新スタンダード平面型ヘッドホンで、同ブランドの平面型にしてはかなりリーズナブルな価格に抑えているのが大きな特徴。

ドライバーに搭載した新開発の振動板は、従来のHE400シリーズと比べて80%薄型化。駆動しやすく高いパフォーマンスで、「広い周波数帯域を実現し、より迅速かつディテールの表現力を向上した」としています。

ヘッドバンドにはアルミと皮革をハイブリッド構成で使用し、軽量化と快適な装着感を実現。

周波数特性は6Hz~75kHz、感度は94dB、インピーダンスは37Ω。ケーブルは着脱可能で、3.5mm端子を採用。重量は372g。

HIFIMAN HE400iの後継機と目されます。比較してみるとデザインは一般的な方向に洗練されましたが、ハウジングの90度回転機構は備えません。回転部をなくすことにより、耐久性を高めようという意図かもしれません。重量は2g増加とほとんど変わらず。ケーブルのヘッドホン側は2.5mmから3.5mmに変更になったのでご注意ください。

HIFIMANで安いモデルというとHE4XXもありますが、国内で簡単に買えるという点では本機となるでしょう。

上位のHE560とは明確にクラスの違いを感じさせるという感想がすでにいくつも出ていて、このことが気になる人もいそうです。もちろん、上を見ればきりがないですし、音楽ジャンルとの相性もありましょう。



【HIFIMAN SUNDARA 約5万円の平面磁界型ヘッドホン!HE400i後継機!】の続きを読む