音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:SONY

    PS5 8K/レイトレーシング/SSD/3Dオーディオ対応?  2019年04月18日

    ソニーがアップルを買収していたら 元CEO出井伸之氏に聞く  2019年03月12日

    ソニー、高速次世代メモリーカード「CFexpress Type B」の開発を発表。最大読み出し速度1,700MB/s、最大書き込み速度1,480MB/s!  2019年03月01日

    ソニー、テレビとオーディオ事業を統合--ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ発足  2019年01月24日

    ソニーがCES 2019で発表した新製品・総まとめ - 実はこんなにありました!  2019年01月17日

    TB
    ソニーの次期PlayStationの仕様について、SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)が米WIREDによる独占記事で言及しました。

    CPUはAMDのRyzenライン(第3世代)で、7nm Zen 2マイクロアーキテクチャーによる8つのコアを搭載。これにより、8K映像にも対応。また、ストレージは新世代機採用のSSDに。PS4 Proで15秒かかったファストトラベルが0.8秒と高速化。

    リアルタイムのレイトレーシングをサポートし、光線の反射を計算することで、正確にレンダリングを行えるとしています。3Dオーディオに対応可能ともしています。

    PS4との後方互換性も備えており、PS4のゲームもプレイできるのも特徴です。なお、2019年中の発売はないともしています。

    ソニーのゲーム機は特に、ビジュアル機器やメディアの普及、高性能化にも一役買ってきた歴史があるため、ゲーム好きでなくても要注目ですが、PS5はどのような影響を及ぼす存在になるのかが注目です。

    【PS5 8K/レイトレーシング/SSD/3Dオーディオ対応?】の続きを読む

    TB

    1: 田杉山脈 ★ 2019/03/11(月) 13:39:54.63 ID:CAP_USER
    平成の経済は、バブル崩壊後の長期低迷や中国など新興国の台頭、格差拡大、IT化の進展などで激変した。元ソニーCEOの出井伸之氏(81)に平成の30年間を振り返ってもらい、新たな時代に向けた提言を聞いた。

    https://www.asahi.com/articles/ASM354Q3BM35ULFA00M.html

    引用元: ・【企業】ソニーがアップルを買収してたら 元CEO出井氏に聞く

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1552279194/ 【ソニーがアップルを買収していたら 元CEO出井伸之氏に聞く】の続きを読む

    TB
    SONY_CFexpressTypeB
    ソニーは、新規格のCFexpressに対応した高速次世代メモリーカード「CFexpress Type B」の開発を発表。最大読み出し速度1,700MB/s、最大書き込み速度1,480MB/sを実現するとともに、CFexpress規格の3倍という曲げ強度や、5倍となる5mの落下耐性といった優れた堅牢性も備えた製品にする事を目指し、2019年夏に128GBモデルの商品化を予定。今後、256GB、512GBの大容量モデルの開発も検討しているとしています。

    これにあわせ、CFexpress対応カードリーダーも開発。USB 3.1 Gen2対応となります。

    当面は業務用に使われるようですが、オーディオ。ビジュアル面でのクオリティーに関わる有利性はあるのでしょうか。「高音質SDカード」でソニーはもう懲りたかもしれませんが。

    【ソニー、高速次世代メモリーカード「CFexpress Type B」の開発を発表。最大読み出し速度1,700MB/s、最大書き込み速度1,480MB/s!】の続きを読む

    TB

    1: 名無しさん必死だな 2019/01/22(火) 18:25:38.93 ID:TQRwQtgR0
    ソニーは1月22日、テレビ事業を担うソニービジュアルプロダクツとビデオとサウンド事業を担うソニービデオ&サウンドプロダクツを統合し、
    「ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社」を発足すると発表した。
    ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツは、4月1日に営業を開始。ソニーの100%子会社となり、
    代表取締役社長に高木一郎氏、代表取締役副社長に木井一生氏、取締役副社長に松本義典氏が就任する予定だ。

    新会社は、環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できるオペレーションを確立するとともに、オーディオ、ビジュアル領域における高付加価値戦略を一層推し進め、
    将来に向けた新しい顧客価値の創出と、中長期的な成長を目指すとしている。

    https://japan.cnet.com/article/35131618/

    引用元: ・ソニー、テレビとオーディオ事業を統合--ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ発足

    http://krsw.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1548149138/ 【ソニー、テレビとオーディオ事業を統合--ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ発足】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2019/01/16(水) 01:00:48.54 ID:Shg/LSEO0● BE:151915507-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/matari.gif
    ソニーがCES 2019で発表した新製品・総まとめ - 実はこんなにありました!
    https://news.mynavi.jp/article/20190110-ces2019_sony2/

    最大の注目製品は、8K液晶「Z9G」と4K有機EL「A9G」という、BRAVIAの中ではトップエンドだけが冠する「MASTERシリーズ」のラインナップであることは間違いないでしょう。さらに、スマホで手軽に臨場感あふれるサラウンドが楽しめる新しい音楽体験「360 Reality Audio」の技術発表にも要注目です。


    ■音楽再生のムードもアガる!キャンドルライトモード搭載「グラスサウンドスピーカー」
    no title

    音符のボタンを押すとSpotifyに直結。電源ボタンの長押しでLEDが淡く光るキャンドルライトモードになります
    https://i.imgur.com/qKuEjo2.jpg

    ■EXTRA BASSシリーズのやんちゃなBluetoothスピーカー
    no title

    音楽を再生すると、本体のLEDランプが色を変えながらビカビカ光る! スピーカーを叩くと楽器みたいな効果音が鳴る! EXTRA BASSシリーズのBluetoothワイヤレススピーカーの「SRS-XB32」と「SRS-XB22」の存在感もなかなかのものです。

    ■Bluetooth対応のアナログプレーヤー入門機
    no title

    アナログレコードを聴いてみたいけれど、本格的なアンプやスピーカーを置く場所は確保できないからと、一歩が踏み出せていなかった人に朗報です。ソニーが発表した「PS-LX310BT」は、アナログレコードを再生した音をBluetoothスピーカーやヘッドホンに飛ばしてワイヤレス再生が楽しめるプレーヤーです。

    ※続く

    引用元: ・【韓国製ばかり話題になるが】ソニーがCES 2019で発表した新製品、実はこんなにありました!

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1547568048/ 【ソニーがCES 2019で発表した新製品・総まとめ - 実はこんなにありました!】の続きを読む

    このページのトップヘ