ロジクールは、Jaybirdブランドのランニング向け完全ワイヤレスイヤホン「Jaybird RUN XT」を2月7日に発売。オープン価格で、実売予想価格は23,880円前後。カラーはBLACKとGRAYの2色。

2018年9月に発売された「Jaybird RUN」の特徴を継承しつつ、新たにIPX7を取得して丸洗いできるようにしたのが改良点。ソフトウェアも改善して接続の安定性を向上したとしています。

対応コーデックはSBC。プロファイルはHFP、HSP、A2DPをサポート。SiriやGoogleアシスタントの起動も行なえます。

既存のJaybird RUNも「塩分や油を含んだ汗に対して強い防汗性能」を謳っていましたが、IPXは取得しておらず、Jaybird RUN XTは正式にIPX7を取得。30分間1mの水深に水没しても製品に浸水せず、運動後の汗を水で洗浄できます。

6mm径ドライバーを搭載。周波数特性は20Hz~20kHz。イヤーピースは丸型と楕円型の形状でそれぞれS/Mの2サイズ、外側部分のイヤーフィンは4サイズ同梱し、フィット感を高められる。本体のみの重量は6.83g。

イヤホン単体で最大4時間の連続再生が行なえ、付属ケースからの充電と合わせて12時間の音楽再生が可能。ケースと本体の充電時間は約2時間。急速充電にも対応し、5分の充電で1時間利用できます。

スマートフォン用の「Jaybird」アプリと連携し、ビジュアルイコライザーで低域のブーストや高中域の強調などカスタマイズが可能。アプリには世界のランナーのセッティングなども収められている。アプリで設定した内容は製品本体に保存され、アプリと接続していない状態でもカスタムした状態で使用できます。

音質云々よりも屋内外でのスポーツ時の使用に特化したイヤホンと言えるでしょう。通常の完全ワイヤレスイヤホンとしては物足りないスペックです。それでも今年の後半には、音質や性能面をもっと高めたスポーツ用モデルも各社から出てくるでしょうか。

【Jaybird RUN XT IPX7防水を備えた完全ワイヤレスイヤホン!】の続きを読む