ピクセラは、HDRにも対応した43型の4K液晶ディスプレイ「PIX-43MX100」を3月23日に発売。オープン価格で予想実売価格は78,480円前後(税別)。

パネル解像度は3,840×2,160ドットの10bitパネルでIPS。輝度は350cd/m2。応答速度はオーバードライブ機能有効時で9ms(グレー to グレー)。視野角は上下左右178度。HDR表示にも対応し、HDR10規格のコンテンツを表示できる。最大4画面分割表示機能も備えます。

HDMI入力は2系統備え、HDMI 2.0に対応、HDCP 2.2もサポート。その他の入力として、Display Port 1.2×1、mini Display Port 1.2×1を装備。Display Port 1.2出力×1(SSTのみ)も用意。USB 3.0×2、USB 2.0×2のUSB Hub機能も備えます。

スピーカー出力は7W×2ch。消費電力は125W以下。待機時は0.5W以下。外形寸法は約966×255×617mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約12.7kg。

なお、同時にHDR非対応で4K/50型の「PIX-50MX100」も発売。実売予想価格は55,370円前後(税別)。VAパネルを採用するなどHDR以外にも違いがあります。

ピクセラは同社のAndroid TV端末「Smart Box」や、発表したばかりの「Smart Box」向けのテレビチューナーと録画用1TB HDDユニットと組み合わせる事で、テレビとしての活用も想定しているとのことで、PC用ディスプレイばかりとしてではないことを意識しています。

いよいよHDR化も進み始めている4Kディスプレイ業界。価格下落とクオリティーのバランスにはこれからも各社苦慮しそうです。

【ピクセラ PIX-43MX100 4K/HDR対応43型液晶ディスプレイ、約7.8万円!】の続きを読む