音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:PI7

    B&W PI7への賛否両論 激しい議論の応酬!?  2021年07月15日

    B&W PI7 購入者のレビュー・感想は?微妙…  2021年06月27日

    B&W PI7 WF-1000XM4と同日に発売!  2021年06月25日

    B&W PI7 / PI5 ブランド初の完全ワイヤレスイヤホンが国内発売  2021年06月23日

    B&W PI7 / PI5 ブランド初の完全ワイヤレスイヤホン!  2021年04月26日

    TB
    90: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 1e7d-+1aI) 2021/07/06(火) 21:21:41.90 ID:AVu6PYwB0
    PI7の本当の評価を知りたいね
    不良報告出てたしeイヤの試聴機もあっという間に壊れて信頼性ゼロ


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン Part143【TWS・左右分離型】

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1625489417/

    【B&W PI7への賛否両論 激しい議論の応酬!?】の続きを読む

    TB
    541: 名無しさん@お腹いっぱい。 (スププ Sd5f-DlVK) 2021/06/25(金) 15:45:58.20 ID:SsGioDPKd
    PI7は不具合があるみたいだな
    不具合が認められて既に返金してもらった人がいる模様


    543: 名無しさん@お腹いっぱい。 (JP 0H5f-8kHk) 2021/06/25(金) 16:02:19.15 ID:IotIcByPH
    >>541
    それtwitterで見た、明日届くから検証してみるわ


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン Part141【TWS・左右分離型】

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1624335300/

    【B&W PI7 購入者のレビュー・感想は?微妙…】の続きを読む

    TB
    186: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ a7cb-B0i2) 2021/06/23(水) 16:33:48.00 ID:CPDRI0IF0
    バッテリーケースをトランスミッターにするアイデアは各社とも積極的にパクって欲しい


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン Part141【TWS・左右分離型】

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1624335300/

    【B&W PI7 WF-1000XM4と同日に発売!】の続きを読む

    TB
    b01_s


    海外で発表されていたB&Wブランド初の完全ワイヤレスイヤホン PI7 およびPI5が国内発表されました。

    6月25日に発売。いずれもオープン価格。税込みの実売予想価格は、PI7が39,600円前後、PI5が24,552円前後。どちらのモデルもホワイトとチャコールのカラーバリエーションがあり、PI7のホワイトのみ7月下旬発売予定。

    いずれもB&Wの最上位スピーカー 「800 Series Diamond」の音響担当者がサウンドチューニングを手がけているというのが特徴。

    PI7はBAドライバー+新開発9.2mmダイナミックドライバーをバイアンプ駆動するハイブリッドモデル、PI5は新開発9.2mmダイナミックドライバー1基のシングルドライバー。

    どちらもアクティブノイズキャンセリングや外音取り込み機能を搭載。PI5とPI7の設定は、アプリ「Bowers & Wilkins Headphones」から行ないます。Siri、Googleアシスタントを呼び出して、スマートフォンに触れることなく様々な操作も行なえます。

    Bluetoothコーデックは、PI7がaptX Adaptive/aptX HD/aptX Low Latency、PI5がAAC/aptXをサポート。

    さらにPI7では、付属充電ケースにBluetoothトランスミッター機能を内蔵する点も特徴。3.5mmステレオないしUSBで機器と有線接続。付属充電ケースからaptX Low Latencyで送信する機能。

    PI7は送信機器からaptX Adaptiveコーデックでマスター側のイヤホンにオーディオ信号を送信し、マスター側からスレーブ側のイヤホンにはNFMI(Near-field Magnetic Induction)通信を用いて48kHz/24bitのまま信号伝送しています。

    イヤホン内蔵バッテリーの持続時間は、PI5が4.5時間、PI7が4時間。どちらのケースも4回までフル充電が可能。

    重量は、PI7がイヤホン7g、充電ケースが61g、PI5がイヤホン7g、充電ケースが47g。

    ハイブリッド型TWSイヤホン(ANC付きも)はいくらかありますが、バイアンプ駆動のモデルははじめてと思われます。

    【B&W PI7 / PI5 ブランド初の完全ワイヤレスイヤホンが国内発売】の続きを読む

    TB
    High--PI7 Buds Top Rotation - White A@3x



    B&Wはブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「PI7」「PI5」を「春のヘッドフォン祭2021 ONLINE」にて国内発表しました。世界初「充電ケースがBluetoothトランスミッターになる機能」を装備した「PI7」など、非常に興味深い内容のモデルです。5月末くらいの発売予定で、価格は未定(PI7の海外価格は399ドル)。

    【B&W PI7 / PI5 ブランド初の完全ワイヤレスイヤホン!】の続きを読む

    このページのトップヘ