ソニーは、可動式マイクを備えたリニアPCMレコーダー「PCM-A10」を10月6日に発売。オープン価格で予想実売価格は2万円程度。

16年に発売した「ICD-SX2000」(発売時実売3万円前後)と同様に、可動式のマイクやデュアルADCなどの特徴を持ちながら、本体をコンパクト化。外形寸法は約109.5×39.2×16mm(縦×横×厚さ)、重量は約82gで、約10%の小型化、約15%の軽量化を実現。マイク機構部はICD-SX2000と同等の機構音響特性を保ちながら、33%の小型化を実現。

録音フォーマットは96kHz/24bitまでのリニアPCMまたはMP3。内蔵メモリは16GBで、microSDカードスロットも備えます。Bluetoothを搭載し、スマートフォンからも操作可能。音声もBluetooth送信可能。

ステレオマイク部が左右に可動し、正面に向けて狙った音を録れる「ズーム」、外側に向けて広がりのある録音ができる「ワイドステレオ」、自然で奥行きがある音の「X-Y」の3ポジションから選択可能。

スマートフォンアプリ「Rec Remote」と連携し、本体に触らなくても操作可能。離れた場所からも録音開始/一時停止などが行なえ、操作時のノイズを防げます。スマホ画面でレベルメーター表示も可能。

ヘッドホン出力端子やマイク入力端子を装備。ヘッドホン出力は20mW×2ch。スライド収納式のUSB端子も装備。内蔵バッテリーでの連続録音時間はPCM 96kHz/24bitが約15時間、MP3 48kbps(モノラル)が約24時間。ウインドスクリーンや、キャリングケース、レコーディングテクニックガイドの冊子などが付属。

コンパクトでリーズナブルなハイレゾレコーダーといった趣。これにDSD録音機能も付いていれば、という声もありますが、全体としてはそこまで求める人は少数なようです。スマホ操作アプリやBluetooth出力など、動きの遅い業界と思っていましたが、いつのまにか現代的になっていた、という印象も持ちました。

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/20(木) 21:07:38.04 ID:CAP_USER
 ソニーは高音質のハイレゾリューション(ハイレゾ)音源で録音・再生できるレコーダー「PCM―A10」を10月6日に発売すると発表した。可動式のマイクでインタビューや野外での鳥のさえずり、スタジオでの楽器演奏など幅広い場面でハイレゾ音源を録音できる。ギターなど楽器の愛好家に簡単に録音できるとして売り込む。

 近距離無線通信「ブルートゥース」と連携し、録音開始や停止、録音時の音量水準を決める「リハーサル機能」の使用など様々な操作を遠隔でできる。内蔵メモリーやマイクロSDカードの残量がなくなっても、自動で切り替えて録音を続ける機能などもある。価格はオープンだが、税別2万円前後。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35589420Q8A920C1X35000/

引用元: ・【製品】ソニー、ハイレゾ音質で録音・再生できるレコーダー

http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1537445258/ 【SONY PCM-A10 コンパクトなリニアPCMレコーダー!】の続きを読む