音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:ONKYO

    Onkyo HF Player for iOS無償版にハイレゾ再生機能を一部開放  2019年11月30日

    オンキヨー、ホームAV事業で約30%の人員削減&「手のひらサイズAVアンプ」提案  2019年11月12日

    オンキヨー、Klipschと業務提携拡大へ!T5だけでは生き残れないぞ!?  2019年10月07日

    オンキヨー、ホームAV事業の譲渡を中止!  2019年10月05日

    オンキヨー 新構造で高音質化した「バイオミメティクス振動板」を開発!  2019年06月03日

    TB
    オンキヨーは、ハイレゾ対応音楽再生アプリ「Onkyo HF Player for iOS」のアップデートを11月27日に実施。最新バージョンのver2.13.0にて、iCloud Driveストレージに直接アクセスしての楽曲ダウンロード/アップロードや、無償版アプリでのハイレゾ音源再生に対応しました。

    これまでは有償版アプリのみの機能だったFLAC、ALAC、DSDなどハイレゾ楽曲の再生が、無償版でも可能に。iCloud Driveなどからデータ転送が可能ですが、無償版で再生できるハイレゾ楽曲は最大8曲までとなっています。

    あくまで試聴用というハイレゾ再生機能の無償化。ポップスなどでは8曲だと、アルバム1枚分にもなりません。一方、クラシックの場合、特にマーラーやブルックナーあたりだと、4曲(全4楽章の交響曲1曲に相当)で80分前後楽しめます。交響曲愛好家なら無償版でも足りるかもしれません?

    【Onkyo HF Player for iOS無償版にハイレゾ再生機能を一部開放】の続きを読む

    TB
    onkyominiavamp
    1: ばーど ★ 2019/11/12(火) 12:03:00.76 ID:yV1JYYoQ9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012173271000.html


    音響機器メーカー オンキヨー オーディオ部門の社員3割削減へ
    2019年11月11日 20時07分

    経営不振に陥っている音響機器メーカー「オンキヨー」は、いったんはまとまった家庭用オーディオ事業の売却が中止となったことから、この部門に携わる社員の3割を削減し、経営の合理化をはかる方針を発表しました。

    大阪市に本社がある「オンキヨー」は、おととしまで5年連続の最終赤字となっていて経営の立て直しのためことし5月、アメリカの音響機器会社に家庭用オーディオ事業を売却することでいったんは合意しました。

    しかし、その後、双方とも契約の条件を満たすことが難しくなったとして先月事業売却を中止し、戦略の見直しを迫られていました。

    このため「オンキヨー」は、オーディオ事業を自社で続けるため、この部門に携わる社員の3割を削減し、合理化をはかる方針を発表しました。

    また、一段のコスト削減のため大阪 北浜にある本社を閉鎖し、大阪に2か所、東京に1か所と分散していた技術部門とともに新たにつくる東大阪市の拠点に集約するとしています。

    オンキヨーとしては家庭用オーディオ事業を継続しつつ、安定した収益につながる家電メーカーや自動車メーカー向けのスピーカーを製造する事業を強化する考えです。

    高品質にこだわるも競争力喪失
    国内のオーディオメーカーは、かつては高い技術力を背景に国際的にも通用するブランドを確立していました。

    中でも「パイオニア」、「山水電気」、それに「トリオ」、のちの「ケンウッド」は1980年代には「国産オーディオ御三家」と称されていました。

    しかし、音楽の世界ではデジタル化が進み、インターネットを通じた音楽配信が普及して、スマホなどでも気軽に音楽を聴けるようになりました。

    海外メーカーが次々と参入し、消費者ニーズに合った製品を供給する一方、日本メーカーは自社の技術力を生かそうと高品質路線にこだわり、次第に競争力を失っていきます。

    「山水電気」は2014年に破産。

    「パイオニア」は2015年に家庭用オーディオ事業を「オンキヨー」に売却。カーナビゲーション事業に集中してきましたが、経営の立て直しのためことし3月で上場を廃止し、香港のファンドの傘下に入りました。

    そして、パイオニアから家庭用オーディオ事業を引き継いだオンキヨーも事業をいったんは売却しようと試み、事業を続けることの難しさがうかがえます。

    一方、「ケンウッド」は2008年に「日本ビクター」と経営統合する道を選び、現在は「JVCケンウッド」として、カーナビ事業を収益の柱にする業態転換を果たしています。

    ★1が立った時間 2019/11/12(火) 01:09:16.26
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573488556/

    引用元: ・【音響機器メーカー オンキヨー】オーディオ部門の社員3割削減へ ★2

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1573527780/

    【オンキヨー、ホームAV事業で約30%の人員削減&「手のひらサイズAVアンプ」提案】の続きを読む

    TB
    オンキヨー株式会社は、本日10月4日、同社ホームAV事業のSound United LLC(以下、サウンドユナイテッド)およびその持株会社であるViper Holdings Corporationへの譲渡契約に関して、双方合意の下で契約を終了、譲渡を中止することを発表。
    【オンキヨー、ホームAV事業の譲渡を中止!】の続きを読む

    TB
    onkyosp1905
    オンキヨーは、バイオマス素材「CNF」を採用した振動板をベースに、トンボの翅(はね)や貝殻から着想を得た構造を採り入れることで高音質化を図ったという「バイオミメティクス振動板」の開発に成功。車載スピーカーを中心としたOEM製品や自社ブランド製品への採用を目指していくと発表しました。
    【オンキヨー 新構造で高音質化した「バイオミメティクス振動板」を開発!】の続きを読む

    このページのトップヘ