音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:NHK

    「ワンセグ対応の携帯持っているとNHK受信料の支払い義務あり!」東京高裁  2018年03月26日

    NHKラジオ、radikoに実験的に参加へ  2017年06月13日

    NHK交響楽団の公演を無料でハイレゾストリーミング配信!DSDも!5  2017年04月29日

    TB
    1: たんぽぽ ★ 2018/03/26(月) 15:27:30.07 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000026-mai-soci
    毎日新聞 3/26(月) 11:18配信

     テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所持者に、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかが争われた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(深見敏正裁判長)は26日、1審・さいたま地裁判決(2016年8月)を取り消し、「契約義務がある」としてNHK側の逆転勝訴を言い渡した。同高裁では別の裁判長らも22日に契約義務を認める判決を2件出している。

     同種訴訟は全国で5件あり、1審でNHKが敗訴したのはさいたまの1件のみだった。放送法は、テレビなどの放送受信設備を「設置」した者はNHKと受信契約を結ばなければいけないと規定しており、ワンセグ携帯の所持が「設置」に当たるかが争点だった。

     原告は埼玉県朝霞市議の男性。ワンセグ携帯のみ所持する場合は受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めてさいたま地裁に提訴した。同地裁は「放送法の言う『設置』は『携帯』を含むとのNHK側の主張は無理がある」と指摘し、NHK側の敗訴とした。

     22日に高裁判決があった2件はワンセグ携帯所持者が契約後に、契約の無効を主張したケースで、いずれも「『設置』は放送を受信できる状態に置くことを意味し、携帯所持も『設置』に当たる」として1、2審ともNHKの勝訴としていた。

     受信料制度そのものについては、最高裁大法廷が昨年12月に「国民の知る権利を充足させるために合理的な仕組みだ」として合憲との判断を示している。【伊藤直孝】


    前スレ 
    【裁判】<ワンセグ携帯>NHKが逆転勝訴「契約義務あり」東京高裁 ★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1522038543/

    ★1が立った日時2018/03/26(月) 11:56:01.47

    引用元: ・【裁判】<ワンセグ携帯>NHKが逆転勝訴「契約義務あり」東京高裁 ★3

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522038543/ 【「ワンセグ対応の携帯持っているとNHK受信料の支払い義務あり!」東京高裁】の続きを読む



    NHKがラジオのインターネット配信においてRadiko.jpに実験的に参加すると発表されました。

    NHKラジオのradikoでの配信は、今年度の「NHK・民放連共同ラジオキャンペーン」の一環として検討されているもの。具体的な内容は決まり次第改めてアナウンスされるとしています。NHKが本取り組みを行えるよう、放送法の一部変更を総務省に5月26日に申請するなどもしています。

    すでにNHKは独自に番組のネット配信「らじる☆らじる」を行っていますが、これに加えてのradiko参加です。

    NHKラジオは随分前はFMのエアチェックをしていました。CD化されないクラシックの内外のコンサートを残すためです。でも随分前にやめましたし、結局聞き返すこともあまりありませんでした。個人的にはNHKラジオのネット配信は音質がもっと良ければ、そしてそれを残せるのであれば興味が湧くかもしれません。
    【NHKラジオ、radikoに実験的に参加へ】の続きを読む

    TB
    5

    インターネットイニシアティブは、NHK交響楽団の公演をハイレゾ音源で収録し、5月19日よりオンデマンドで配信する。N響の演奏会をハイレゾ音源でストリーミング配信する試みは今回が初。

    配信される公演は、今年N響がミューザ川崎シンフォニーホールで行う「明電舎創業120周年記念/N響 午後のクラシック」。4月、5月、6月にそれぞれ行われる昼公演を、DSD5.6MHzおよびPCM96kHz/24bitのハイレゾ音源で収録し、同社のハイレゾストリーミングサービス「PrimeSeat(プライムシート)」コンテンツとして、無料でオンデマンド配信する。あわせて演奏会の映像をPC、スマートフォンなどマルチデバイス向けに配信する。

    同社とN響は、本プロジェクトを通じてハイレゾ音源によるストリーミング配信の技術協力と評価を行い、より多くのコンサート配信を検討していくという。

    具体的な収録内容と配信日は以下の通り。

    「配信内容とスケジュール」
    〇第1回:2017年4月27日(木)収録分
     ・ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26
     ・ベートーヴェン/交響曲 第7番 イ長調 作品92
     ※配信期間:2017年5月19日~6月30日

    〇第2回:2017年5月25日(木)収録分
     ・チャイコフスキー/ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
     ・リムスキー・コルサコフ/スペイン奇想曲 作品34
     ・チャイコフスキー/幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」作品32
     ※配信期間:2017年6月13日~7月31日


    〇第3回:2017年6月15日(木)収録分
     ・モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲
     ・モーツァルト/フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299
     ・モーツァルト/交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」
     ※配信期間:2017年7月4日~8月31日

    http://www.phileweb.com/news/d-av/201704/28/41078.html


    【NHK交響楽団の公演を無料でハイレゾストリーミング配信!DSDも!】の続きを読む

    このページのトップヘ