ハーマンインターナショナルは、マークレビンソンのモノラル・パワーアンプ「No536」を12月下旬より発売。価格は1,700,000円(1台・税抜)。

本機は今年1月のCESにて披露されたモデルで、先日開催された大阪ハイエンドオーディオショウでもデモが行われていた機種。

マーケティングディレクターのジム・ギャレット氏は、「No.536は、MARK LEVINSONの長い歴史的技術を継承し、究極のパフォーマンスを持つプロダクトとして音楽ファンとオーディオファイルに向けて届けたい」と語っています。

AB級アンプによるモノラル・パワーアンプで、独自のフルバランス・オペレーション技術をベースに、各回路の見直しを行った上で、最新パーツの投入を行ったとしています。伝統のフルバランス設計を採用。本機ではバランス入力は直接そのままの形で処理し、アンバランス入力は入力段でバランスに変換され、伝送・増幅されます。定格出力は400W(8Ω)/800W(4Ω)。入力から出力までをフルディスクリート構成およびディファレンシャル・シグナルパスとして、入力から出力までを一貫してシンメトリーとしたミラー対称設計を採用。また、低歪みと広帯域再現を実現するハイリニアリティ、ローフィードバック設計を用いたことも特徴。多数の出力デバイスをパラレル接続で使用することで、個々のデバイスにかかる電流負荷を軽減し、フィードバックを多用することなくクロスオーバーディストーションを低く抑えることができるという設計を踏襲しているものと思われます。

電圧ゲインとドライバー・ステージはA級で作動。また、シグナルパス内にキャパシターを使用しない直結式。電源部には、ローノイズ仕様としたカスタムデザインの1800VAトロイダルトランスを搭載。また低ノイズ、ハイスピード・ディスクリート・ショットキー整流器や、マルチプル・パラレルド・フィルターキャパシターを採用した大電流リニア電源も装備。

入力はXLR/RCAを1系統ずつ搭載。スピーカー端子は2系統を搭載し、バイワイヤ接続に対応。ハリケーンタイプ端子を採用。

周波数特性は10Hz~20kHz(+/-0.5dB)、S/Nは85dB以上、入力インピーダンスは60kΩ(バランス)/30kΩ(アンバランス)、電圧ゲインは25.5dB、入力感度は2.83V(@8Ω定格出力時)。

消費電力は1500W(8Ω定格出力時)、外形寸法は451W×194H×504Dmm、質量は45.4kg。

「No.53」(2008年・ペア360万円)以来のモノパワー。ただ、デジタルパワーアンプ技術「Interleaved Power Technology」(IPT)を搭載していたので、本機とは方式が違うので、全くの別系統モデルです。

引用元: ・マークレビンソン】Mark Levinson,Cello,Viola 5【ヴィオラ

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1268751163/ 【Mark Levinson No.536 モノパワーの新作 ペア340万円!】の続きを読む