macbook_Air_2018
新Macbook Airが発表されました。注目のインターフェースは、2基のThunderbolt 3(USB-C)端子を本体左側面に搭載。電源入力・充電もThunderbolt 3端子経由で行います。また、右側面には3.5mmステレオミニ端子のヘッドホン端子を備えています。

ステレオスピーカーは従来モデルと比べて低音が2倍、音量は25%強化されたとのこと。また、3基のマイクを並列配置して搭載し、FaceTime通話やSiriを用いる際により正確に声を捉えることができるとしています。

そのほかの基本的な内容については以下のニュース記事をご参照ください。

軒並みイヤホン端子を廃止するのかと思ったら、なぜかMacbook Airでは存続。ありがたいと思う人もいるようですが、その分USB-C端子をもっと増やして欲しかったなどという声もあり、微妙なところ。戦略に一貫性がないというイメージにもつながりかねません。この薄さで残したのはすごいのかもしれませんが。本体スピーカーの強化もアピールしているのも意外です。

【新Macbook Air イヤホン端子存続!】の続きを読む