音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:MP3

    【悲報】MP3で圧縮された音楽はネガティブな印象を受けやすい?  2019年01月25日

    マルサン 豆乳MP3プレーヤー イヤホンジャックとストローの差込口を間違えたのがきっかけ!  2019年01月17日

    聴くだけで病気が治ると称するMP3音源がアメリカで発売!  2018年06月03日

    中学生ワイ「mp3は音質悪いんか!flacがええんやな!よし!」  2018年03月05日

    MP3の特許権が消滅 これからは自由に使い放題に!?  2017年05月16日

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/01/24(木) 06:46:45.59 ID:k5H4E2fY0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
    MP3で圧縮された音源はそうでない音源と比べて、聞いた時によりネガティブな印象が強くなるという研究結果が発表されたそうだ(GIGAZINE、論文)。

     この研究結果は香港科技大学の研究者らが発表したもので、MP3圧縮によって音源に付与される「growl」(うなるような音)が原因の1つだと分析されている。
    ただし、論文ではMP3での圧縮に使用したビットレートが「32Kbps、56Kbps、112Kbps」と一般的に使用されているビットレートよりも低い。
    このようなビットレートでは音質劣化が大きく、特に高い周波数の音を出す楽器の音は大きく劣化する傾向があることも原因の1つではないかと推測できる。

    低ビットレートのMP3で圧縮された音楽、ネガティブな印象を受けやすい
    https://www.zaikei.co.jp/article/20190123/490388.html

    引用元: ・【悲報】MP3で圧縮された音楽はネガティブな印象を受けやすい

    【【悲報】MP3で圧縮された音楽はネガティブな印象を受けやすい?】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2019/01/16(水) 11:19:42.14 ID:u6JFpa+c0● BE:887141976-PLT(16001)
    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    昨年12月3日にもぐら(@tn_mogura)さんが投稿したツイートが、切っ掛けでマルサンがとんでもないことに巻き込まれた。
    それは試験勉強に没頭するあまりにイヤホンジャックとマルサンの豆乳飲料抹茶のストローの差込口を間違えてしまったというもの。

    このツイートは瞬く間に3万3000以上のリツイートされ11万以上のいいねとなった。

    そこでマルサンはこのツイートに目をつけ12月13日には社内で企画が上がり、18日は企画が実施されることが決定というスピード判断。

    その企画とは『豆乳MP3プレイヤー』である。マルサンが販売している豆乳飲料抹茶をモチーフにしたオリジナルデザインを
    採用したMP3プレイヤー。液晶画面もついており、ラジオも聴くことが可能。

    バッテリー内臓で充電も可能。ストロー口はイヤホンジャックとなっている。

    この『豆乳MP3プレイヤー』を10名にプレゼントするという企画が行われる。2019年1月16日から応募可能で欲しい人は応募してみよう。

    ※ 応募の詳細は記事参照
    http://gogotsu.com/archives/47193
    no title

    no title

    引用元: ・マルサンの豆乳がMP3プレイヤーになって爆誕! とある嘘松ツイートが切っ掛け

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1547605182/ 【マルサン 豆乳MP3プレーヤー イヤホンジャックとストローの差込口を間違えたのがきっかけ!】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [GB] 2018/05/30(水) 22:45:24.89 ID:ArW01mVG0● BE:652548497-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
     米国の医師が自身のウェブサイトで販売するMP3形式の音声ファイルが物議をかもしている。というのも、そのサウンドトラックを聴くだけで下痢や頭痛、インフルエンザ、さらにはエボラ出血熱の症状にまで効果があるというのだ。この問題は現在、米「Newsweek」など多数のメディアで取り上げられ、大騒動に発展しつつある。


    http://tocana.jp/2018/05/post_17041_entry.html

    引用元: ・聴くだけで病気が治るMP3が登場「波動」のデジタル化でエボラも治癒

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1527687924/ 【聴くだけで病気が治ると称するMP3音源がアメリカで発売!】の続きを読む

    TB
    1: 風吹けば名無し 2018/03/01(木) 23:37:21.26 ID:2OYXybG+0
    kyoku.mp3

    kyoku.

    kyoku.flac

    ワイ「^_^」

    引用元: ・中学生ワイ「mp3は音質悪いんか!flacがええんやな!よし!」

    http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1519915041/ 【中学生ワイ「mp3は音質悪いんか!flacがええんやな!よし!」】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/05/16(火) 00:40:06.33 ID:CAP_USER9
    MP3の特許を持つTechnicolorの特許権が消滅
    音声コーデック「MP3」に関する特許を保有するフランスのTechnicolor(テクニカラー:旧Thomson)のライセンスプログラムが2017年4月23日付けで終了したことが明らかになりました。

    mp3
    https://www.iis.fraunhofer.de/en/ff/amm/prod/audiocodec/audiocodecs/mp3.html

    MP3は正式名称の「MPEG-1 Audio Layer-3」から分かるとおり、ビデオ圧縮規格MPEG-1のオーディオ規格として開発されました。
    しかし、その後、CDよりも高圧縮なオーディオコーデックとして、PCや音楽プレイヤーなどで利用され、デジタル音声フォーマットとして広く普及することになりました。

    MP3の権利を巡っては、ドイツのFraunhofer IISとフランスのThomson(現:テクニカラー)が特許権を主張し、
    MP3のエンコード機能を利用するゲームメーカーなどのソフトウェア開発者にライセンス提供してきましたが、
    両社の技術に抵触しないように開発されたオープンソースプログラムのLAMEやOgg Vorbis、Windows標準ソフトのWindows Media Playerなどの無料再生ソフトのおかげで、
    音声フォーマットのデファクトスタンダードの地位を占めることに成功しました。
    その後、MP3には著作権管理機能がないことから、AACやATRACなどが開発されましたが、MP3ほど普及することはなく、
    記事作成時点においても依然として音声フォーマットとして標準的な位置付けにあります。

    MP3の権利を主張するFraunhofer IISが、2017年4月23日付けでもう一つの権利主張者であるTechnicolorが保有するMP3関連のライセンスプログラムが終了したと発表しました。
    Technicolorの保有するMP3関連特許権が消滅したことで、Technicolorの保有していたライセンスプログラムはすべて終了し、自由に使えるようになったというわけです。

    MP3の特許権を巡っては、フランスのAlcatel-LucentがMicrosoftを訴えて1審で15億ドル(当時のレートで約1800億円)の賠償評決が出され、
    その後、MicrosoftがFraunhofer IISからライセンス提供を受けていることが認定されて賠償命令が取り消されるなどの事例がありました。
    今となってはより高音質で著作権管理機能付きの他のオーディオ規格が登場していますが、依然としてMP3のシェアは高いため、
    MP3を音源に用いたいという開発者にとってはMP3関連特許権の消滅は、歓迎されることになりそうです。

    http://i.imgur.com/0Wvfkzu.jpg

    テクニカラー社
    http://www.technicolor.com/

    引用元: ・【IT】MP3の特許権が消滅 これからは自由に使い放題に

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494862806/ 【MP3の特許権が消滅 これからは自由に使い放題に!?】の続きを読む

    このページのトップヘ