L-507Z_naname_s

ラックスマンは、プリメインアンプ「L-507Z」を10月下旬に発売。価格は693,000円。

増幅回路の心臓部である「ODNF」を一新し、8月に発表したばかりのステレオ・パワーアンプのフラグシップ「M-10X」に続き、最新の高音質・増幅帰還エンジン“LIFES”を搭載しているのが特徴。モデル末尾に「Z」が付く「Zシリーズ」の第1弾。

ODNFに代わるラックスマン独自の新・増幅帰還エンジン「LIFES 1.0」を搭載。

3段ダーリントン3パラレル・プッシュプル構成(バイポーラ・トランジスタ)による220W×2ch(4Ω)の定格出力を備え、音量調節時の音質劣化を最小限に抑える88ステップの電子制御アッテネーターの新「LECUA1000」も搭載。

グラウンド配線左右独立の4.4mmヘッドホン出力端子も新たに搭載しているのも大きな特徴。

従来より導体を太くしながら、取り回しの良いスリムタイプに進化したノンツイスト構造の新・電源ケーブル「JPA-10000i」も同梱。

入力端子は、ライン×4系統、フォノ×1系統(MM/MC切替)、バランス・ライン×2系統、セパレート入出力×1系統。消費電力は300W。最大外形寸法は、440×454×178mm(幅×奥行き×高さ)、重量は25.4kg。

【LUXMAN L-507Z 新「Zシリーズ」に属するプリメインアンプ】の続きを読む