音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:John+Coltrane

    ジョン・コルトレーンの完全未発表作「ザ・ロスト・アルバム」が発売3  2018年06月11日

    ジョン・コルトレーンのアナログマスターをダイレクトDSD化した世界初のSACD!4  2018年05月23日

    TB
    3
    1: 湛然 ★ 2018/06/08(金) 22:26:50.89 ID:CAP_USER9
    2018.6.8 金曜日
    ジョン・コルトレーンの完全未発表スタジオ・アルバムが録音から55年の時を経て6月29日に全世界同時発売されることが明らかになっている。

    今回発表されるアルバム『ザ・ロスト・アルバム(原題:Both Directions at Once: The Lost Album)』は、マッコイ・タイナー(ピアノ)、ジミー・ギャリソン(ベース)、エルヴィン・ジョーンズ(ドラムス)という通称「黄金のカルテット」と呼ばれる伝説のグループで、1963年3月6日にニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオで行った公式セッションを収録したものとなっている。

    今回発表されるのは、レコーディング・セッションの記録は残っていたものの海賊盤も含めこれまで一切に世に出たことがなかった幻の音源で、録音終了後にコルトレーンがスタジオから持ち帰り、当時の妻ナイーマに渡していたモノラル録音のリファレンステープが彼女の遺族によって発見され、このたびリリースされることになった。

    今回のアルバム発表について、コルトレーンの友人であり現役最高峰のサックス奏者であるソニー・ロリンズは、「これはまるで、巨大ピラミッドの中に新たな隠し部屋を発見したようなものだ」と喜びのコメントを寄せている。

    Photo: Chuck Stewart / PRESS
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/06/e3b16f009d6331de5fa757d91f3a9061-720x481.jpg
    ※動画はソースにてご確認ください。
    https://nme-jp.com/news/56319/

    引用元: ・【音楽】ジョン・コルトレーン、録音から55年を経て完全未発表スタジオ・アルバムがリリースされることが決定

    【ジョン・コルトレーンの完全未発表作「ザ・ロスト・アルバム」が発売】の続きを読む

    TB
    4


    タワーレコードがJAZZの傑作アルバムをSACDハイブリッド化するシリーズの最新作として、ジョン・コルトレーンのインパルス時代の5タイトルがリリース。各3,500円(税抜)。企画・販売はタワーレコード、制作・発売はユニバーサル ミュージック。

    ・『バラード』(PROZ-1106)
    ・『至上の愛』(PROZ-1107)
    ・『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』(PROZ-1108)
    ・『デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン』(PROZ-1109)
    ・『コルトレーン』(PROZ-1110)

    「現存する最良のコンディションの本国アナログマスターテープから、今回の発売のために世界で初めてダイレクトDSD化を行い制作した2018年新DSDマスター」を使用したというのが売り。

    新マスタリングを担当したのはジョン・コルトレーン『Chasing Trane : The John Coltrane Documentary』(2017)などを手がけるケヴィン・リーヴスで、ニューヨークのスタジオにて行われているとのこと。

    【ジョン・コルトレーンのアナログマスターをダイレクトDSD化した世界初のSACD!】の続きを読む

    このページのトップヘ