ビクターブランド復活のニュースで話題になったJVCケンウッドは同時に、ヘッドホン特有の頭内定位を改善し、スピーカーで聴いているような自然な頭外定位を実現する新技術・「EXOFIELD(エクソフィールド)」も発表しました。

これまでにもドルビーヘッドホンなど、他社も挑戦していますが、なかなか定着しないまま今日に至っています。それだけ、効果、音質ともに納得できるクオリティーのものがないということでしょう。

EXOFIELDの真髄は、個人によって異なる頭部伝達関数を、実際の測定と補正によるキャリブレーション機能によって、これまで最大公約数的な標準状態のみでしか聴けなかったことに起因する、中途半端な頭外定位を劇的に向上させるものです。

原理、機構としては頷けますが、それなりの規模、価格となるのは一般用としてはネックなはず。それでも売れると判断したことは、現在のイヤホン、ヘッドホン市場がそれだけの許容量、マーケットになっていることとも関係ありそうです。

【JVCケンウッド EXOFIELD 頭外定位を実現するヘッドホン新技術!】の続きを読む