JHAudio_Lola

JH Audioより初のハイブリッド型イヤホンがカスタムIEMとユニバーサルで登場。カスタムは1,745ドル。ユニバーサルは1,599ドル。国内販売される場合は当然これより相応に高くなるでしょう。

ユニット構成は低域x2BA(10Hz-200Hz)、 中域4.9mmダイナミックx2(200Hz~3kHz) 高域x4BA(3kHz~20kHz)、合計8ドライバーのハイブリッド。BAユニットは独自発注タイプと思われます。

新開発のD.O.M.E Technologyを搭載しているのも特徴。向かい合ったダイナミック型ユニットの位相補正技術のようです。

他、従来機にも搭載されている、各帯域の位相を極限まで正確に制御するという独自技術「FreqPhase」を採用。ケーブルは着脱可能で、端子は独自のスクリューロック式。独自開発の4ピン端子を採用。


また、ケーブル途中に備えたユニットを操作する事で、左右の低域を調整できるのも特徴。一見リモコンのように見えるユニットに、クロスオーバーネットワークを入れ込み。そして、ユニットには白いダイヤルが2つ装備。これを付属のドライバーで回すと、抵抗値が変化し、低域を調整できるようになっている仕組み。


JH Audioというと4月1日に64BAドライバーのカスタムIEMをHP上で発表し、イヤホン愛好家間で話題になりました。もちろんエイプリル・フールでしょうが。

本機はもちろん本当の新製品。ブランド初のハイブリッド型、しかも独自機構満載ということで、IEMはもちろん、ユニバーサル型にも注目が集まりそうです。

仕様
Frequency Response: 20Hz to 20kHz
Input Sensitivity: 105 @ 1mW
Impedance: 16 Ω
Integrated 3-way Crossover
Triple Bore
Noise Isolation -26db

引用元: ・カスタムIEM 総合 Part93

http://echo.2ch.sc/test/read.cgi/av/1488365177/ 【JH Audio Lola 2DD+6BA 初のハイブリッド型カスタムIEM!ユニバも!】の続きを読む