音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:JASRAC

    JASRAC、「カスラック」と呼ばれている事に対して「非常に悔しい」!3  2017年07月22日

    JASRAC 無断での生演奏を著作権法違反対象として静岡の飲食店提訴  2016年11月12日

    JASRAC、自らの独禁法違反認める 他社の参入排除  2016年09月15日

    TB
    3

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県)@\(^o^)/ [FR] 2017/07/21(金) 18:37:15.84 ID:Yd9+zeZW0● BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
     インタビューに応じた大橋氏は、「カスラック」と呼ばれていることに対して「率直に言えば…非常に悔しい」と話す。一方で、
    「いくら徴収した、お金をいくら分配した、ということは明らかにしている。JASRACを十分に理解していないからこそ、
    “カスラック”というのが出てくるのだと思う」と、情報公開への理解が得られていないことを訴えた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13368088/

    引用元: ・JASRAC、ネットでカスラックと呼ばれている事に対して、「非常に悔しい」

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500629835/ 【JASRAC、「カスラック」と呼ばれている事に対して「非常に悔しい」!】の続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/12(土)12:51:34 ID:xgs
    日本音楽著作権協会(JASRAC)静岡支部は11日、利用許諾契約を結ぶことなく、生演奏とカラオケで同協会が管理する音楽を無断利用したとして、飲食店「Music Lounge SUQSUQ(ミュージックラウンジスクスク)」(静岡市葵区)の経営者らに計480万8100円の賠償を求め、静岡地裁に提訴した。
    生演奏を行う事業者に対する著作権差し止め請求と損害賠償請求を求める訴訟は県内で初めて。【古川幸奈】

     訴状によると、同店は同協会と利用契約を結ばないまま2008年6月に開店し、著作権料の督促にも応じなかった。

    このため、同協会が14年9月に静岡地裁に侵害を差し止める仮処分の申し立てを行った。その後同店は廃業し仮処分は解除されたが、無許諾利用期間の使用料が支払われることはなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000024-mai-soci

    引用元: ・【悲報】ジャスラックさん、生演奏に480万8100円の賠償を求める

    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1478922694/ 【JASRAC 無断での生演奏を著作権法違反対象として静岡の飲食店提訴】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/  2016/09/15(木) 07:50:02.29 ID:CAP_USER9
     テレビやラジオで流れる楽曲の使用料を放送局から徴収しているビジネスをめぐり、日本音楽著作権協会(JASRAC)は14日、競合他社の参入を排除しているとして公正取引委員会から出された改善を求める命令を受け入れたと発表した。9割超の業界シェアを持つJASRACが独占禁止法違反(私的独占)を認めたことになる。

     JASRACは、曲が流れた回数や時間を問わず、各局の「放送事業収入の1・5%」など一定額を使用料として徴収する包括契約を結んできた。

     公取委は2009年、この徴収方式が他社の参入を妨害しており、独禁法違反にあたるとして、この方式の取りやめを求める排除措置命令を出した。だが、JASRACの不服申し立てを受けて12年、「私的独占にはあたらず違法とはいえない」と自ら命令を取り消す異例の審決を出した。

    朝日新聞デジタル 9月14日 23時40分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000126-asahi-musi

    引用元: ・【音楽】<JASRAC>自らの独禁法違反認める! 他社の参入排除©2ch.net

    http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1473893402/ 【JASRAC、自らの独禁法違反認める 他社の参入排除】の続きを読む

    このページのトップヘ