音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:HT-A7000

    ソニーのサウンドバー・HT-A7000買ったぞ  2021年09月12日

    SONY HT-A7000 ついに発売!購入者のレビュー・感想は?  2021年08月29日

    SONY HT-A7000 発売前からHT-A9との比較に熱が入る!?  2021年08月15日

    SONY HT-A7000 新サウンドバー HT-ST5000後継機  2021年07月21日

    TB
    1: 以下、2ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/09/06(月) 12:46:03.444 ID:TCQvi1Cva
    どや、いいだろ
    no title


    引用元: ・最強のスピーカー買ってきたぞ

    https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1630899963/

    【ソニーのサウンドバー・HT-A7000買ったぞ】の続きを読む

    TB
    588: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイW ffbb-/yMd) 2021/08/26(木) 14:54:30.72 ID:MTbeeLSX0
    A7000設置したやつは居らんのかー?


    596: 名無しさん┃】【┃Dolby (ササクッテロロ Sp73-9awg) 2021/08/26(木) 15:46:39.05 ID:J+9so/jop
    >>588
    家には着いてるみたいだけどまだ仕事中なんだよなぁ。
    今日晩には繋ぐつもり。


    引用元: ・サウンドバー/シアターバー/サウンドベース総合4

    https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/av/1629372256/

    【SONY HT-A7000 ついに発売!購入者のレビュー・感想は?】の続きを読む

    TB
    13: 名無しさん┃】【┃Dolby (プチプチ Sadb-kHF3 [106.128.103.81]) 2021/08/08(日) 19:53:17.33 ID:OCyMKW1Ja0808
    a7000発売されないかな。届くまでのワクチンしてる時が1番幸せかも


    引用元: ・サウンドバー/シアターバー/サウンドベース総合40

    https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/av/1628411670/ 【SONY HT-A7000 発売前からHT-A9との比較に熱が入る!?】の続きを読む

    TB
    ソニーは、サウンドバー上位モデル「HT-A7000」を8月28日に発売。オープン価格で、実売予想価格は154,000円前後。

    天井や壁での音の反射を利用し、1本でDolby Atmosなどの再生が可能な上位モデル。

    「HT-ST5000」の後継機種。「HT-ST5000」同様、天井反射で高さ方向の音を再現するイネーブルドスピーカーを内蔵していますが、「HT-ST5000」では別体だったサブウーハーを本体に内蔵することで、シンプルな1本バータイプに変更になっています。

    イネーブルドスピーカー、ビームツイーターなどを内蔵し、1本でオブジェクトオーディオも含むサラウンド再生が可能なのが特徴。天井反射や壁反射、バーチャルサラウンドの融合でリアルな立体音響を再現。


    サラウンドフォーマットは、DTS:X、Dolby Atmos、リニアPCM 7.1chまで対応。最大出力はフロントが45.5W×4、センターが45.5W×1、サラウンドとトップとサブウーファーが各45.5W×2、合計で500W。消費電力は65W。外形寸法は1,300×142×80mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約12kg。

    Bluetoothの受信・送信にも対応。コーデックはSBC/AACに加え、LDACもサポートする。DSEE Extremeも搭載。無線LANも内蔵。Google Chromecast built-in、Apple AirPlay、Spotify Connect、Music Centerアプリに対応。

    ブラビア2021年モデルのA90Jシリーズ、A80Jシリーズ、X95Jシリーズをセンタースピーカーにすることができる「アコースティックセンターシンク」など、ブラビアとの連携機能を備えているのも特徴。

    HDMI入力×2(うちひとつはeARC対応)、HDMI出力×1。HDMI 2.1準拠となっており、8K/60Hz、4K/120Hz映像のパススルーも可能。eARCやHDR映像にも対応。光デジタル音声入力、ステレオミニのアナログ音声入力も1系統搭載。

    ワイヤレス接続でオプションスピーカーの追加も可能。パッシブラジエーター方式のサブウーハー「SA-SW5」(8月7日発売、市場想定価格83,000円前後)、バスレフ方式のサブウーハー「SA-SW3」(8月7日発売、市場想定価格44,000円前後)、リアスピーカー「SA-RS3S」(8月28日発売、市場想定価格44,000円前後)。

    【SONY HT-A7000 新サウンドバー HT-ST5000後継機】の続きを読む

    このページのトップヘ