音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:HD660S

    SENNHEISER HD660S 試聴感想大量!HD650との音質的違いは?  2017年11月06日

    SENNHEISER HD 660 S 4.4mmバランス接続、ローインピ化でポタ環境向け?  2017年10月18日

    SENNHEISER HD 660 S !HD 650後継機! 違いは?  2017年10月13日

    TB

    SENNHEISER_HD660S
    開放型ヘッドホン定番機のゼンハイザーHD650の後継機としてHD660Sが発表されました。11月中旬に約5.5万円で発売。それに先立って、「秋のヘッドフォン祭り2017」にて、実機展示が行われ、多くの人が試聴できたようです。

    当然、HD650との比較になりますが、いくらかは音が変わっている印象。これでHD650はディスコンということに困惑を覚える人もいるほど。それだけゼンハイザーがHD660Sには自信があるということなのでしょうか。HD650より前のHD600に近い傾向の感じも受けますし、HD600は販売継続中であることもゼンハイザーの音に対する何らかの方向性を持った意識があるのかもしれません。

    SENNHEISER HD 660 S !HD 650後継機! 違いは? 【SENNHEISER HD660S 試聴感想大量!HD650との音質的違いは?】の続きを読む

    TB
    SENNHEISER_HD660S
    ゼンハイザーの開放型ヘッドホン新機種HD 660 S。HD 650からローインピーダンス化。従来の300Ωから150Ωにしたことで、ポータブル機などでも無理なく駆動できるようになりました。

    さらに、新たに4.4mmバランス接続に対応する交換用ケーブルも付属。ここも据え置き用のXLR端子ではなく、ウォークマンなどで使われているポータブル機向け規格に対応してきました。
    これらから、HD 660 Sは現在のポータブルオーディオを意識していることがうかがえます。だからといって、幅広いポータブル環境でHD 660 Sをうまく、十全に鳴らせるのかは別問題、ということになるのでしょうか。現物がないので誰にもまだ判断できませんが。

    現物など無くても、試聴しなくてもとりあえずHD 660 Sを買う、という人も少なからずいて、ゼンハイザーブランドの信頼性の高さを感じるところです。

    HD 660 Sの詳しい内容についてはこちらでご紹介済みです。

    315: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイ 01af-B6a6) 2017/10/13(金) 00:15:44.29 ID:Od4xK1Lj0
    HD660Sは画像を見た限り質感が鱒泥っぽいけどチープな印象ではないね
    hd599みたくでかでかとしたロゴでダサくなくてよかった

    320: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイ 016c-nbXs) 2017/10/13(金) 00:43:44.48 ID:AIKMU0F60

    引用元: ・Sennheiserのヘッドホンについて語るスレ133

    【SENNHEISER HD 660 S 4.4mmバランス接続、ローインピ化でポタ環境向け?】の続きを読む

    このページのトップヘ