音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:HA-FD02

    JVC HA-FD01/HA-FD02 ついに発売!購入者の感想も到着!  2017年12月23日

    JVC HA-FD01/HA-FD02 12月20日に発売延期!残念!  2017年11月20日

    JVC SOLIDEGE 02 inner HA-FD02 ハイコスパな好機種という感想多し!  2017年11月13日

    TB

     オーディオイベントでの試聴ではかなり好評ながら、当初の予定より遅れての12月20日発売となった、JVCハイレゾ対応イヤホン「SOLIDEGE」シリーズ新機種のSOLIDEGE 01 inner HA-FD01(約4万円)と、SOLIDEGE 02 inner HA-FD02(約2.8万円)。

    購入者の感想、量販店での試聴機の感想なども続々ネット上に上がってきています。

    両機の詳しい内容、仕様などについてはこちらでご紹介済みです。
    JVC SOLIDEGE 02 inner HA-FD02 ハイコスパな好機種という感想多し! 【JVC HA-FD01/HA-FD02 ついに発売!購入者の感想も到着!】の続きを読む

    TB

    「秋のヘッドフォン祭り2017」において、ダークホース的にその高音質ぶりで一気に話題となっているJVCケンウッドのイヤホン「SOLIDEGE inner」2機種、「SOLIDEGE 01 inner(HA-FD01)」「SOLIDEGE 02 inner(HA-FD02)」。

    当初予定の11月下旬から12月20日に延期すると発表されました。発売延期理由について同社では「生産上の都合」によるものと説明しています。

    残念ですが、年内には間に合うので、落ち着いて待ちましょう。

    【JVC HA-FD01/HA-FD02 12月20日に発売延期!残念!】の続きを読む

    TB


    JVCケンウッドはハイレゾ対応イヤホン「SOLIDEGE」シリーズの2製品を11月下旬に発売。新開発の「D3ドライバーユニット」を搭載しているのが特徴。価格はどちらもオープンで、実売予想価格は「SOLIDEGE 01 inner」(HA-FD01)が4万円前後、「SOLIDEGE 02 inner」(HA-FD02)が28,000円前後。

    両機とも「秋のヘッドフォン祭 2017」にも出展され、特に上位の「SOLIDEGE 01」がかなりコスパの高い高音質というポイントで、かなり高い評価をネット上で受けています。下位の「SOLIDEGE 02」も01との共通部分も多く、やはり注目のハイコスパ実力機のようです。

    新開発の口径11mm径のダイナミック型「D3ドライバーユニット」、新開発の「アキュレートモーションエアダンパー」、フルステンレスボディは共通。再生周波数帯域は8Hz~52kHzも共通。MMCXリケーブル機構も同じ。

    一方、違いとしては01のみ、筐体のノズル部分が交換できる「Jマウントノズル交換システム」、ノズルの向きを変えられるファインアジャスト機構、イヤーピースも従来よりも進化した「スパイラルドット+(プラス)イヤーピース」を新開発して採用、といったもの。

    JVC SOLIDEGE 01 inner HA-FD01 意外に?好評な感想続々!

    01では音質を少し変えられる面が大きいので、音を変えなくてよいのであれば、02も検討に値する好機種のような感じです。コスパもむしろ高い可能性も。デザインは少々シンプル過ぎるきらいがありますが…。

    【JVC SOLIDEGE 02 inner HA-FD02 ハイコスパな好機種という感想多し!】の続きを読む

    このページのトップヘ