音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:Google+Home

    Google Homeが半額だぞwwwwww【12月10日まで!】  2017年12月08日

    【衝撃?】スマートスピーカー、認知6割も所有わずか1%! 購入希望は14%…  2017年12月05日

    日経トレンディ 2018年ヒット予測 第1位はマルチAIスピーカーに!?  2017年11月05日

    Google Home 購入ユーザーの感想続々!音質は…  2017年10月09日

    Google Home 日本で来月発売へ!  2017年09月11日

    TB

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/05(火) 06:44:34.050 ID:+54krWxTp
    まあ興味ないやつ多いだろうが、気になってるやつは今のうちに買うべき
    僕も買いました
    公式サイトではこの値段がビックカメラ等だとこの値段

    no title


    no title

    引用元: ・おまえらGoogle home半額だぞwwwwww

    【Google Homeが半額だぞwwwwww【12月10日まで!】】の続きを読む

    TB
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/04(月) 17:20:13.87 ID:CAP_USER9
    http://www.zaikei.co.jp/article/20171204/414851.html

     今年秋になって音声認識で機器を操作するスマートスピーカーが次々とリリースされている。10月上旬には、LINE社の「Clova WAVE」とGoogle社の「Google Home」が、11月にはAmazon社の「Amazon Echo」が発売開始となった。

    11月21日、株式会社マクロミルは消費者のスマートスピーカーに対する認識に関する調査の結果を公表した。この調査は今年10月下旬に全国の20~59歳の男女1000人をサンプルにインターネットを経由して実施されたものである。

     調査結果によれば、スマートスピーカーを「すでに保有している」が1.1%、「どのような製品か知っている」が22%、「名前は聞いたことがある」39%で、これらを合計すると62%がスマートスピーカーを認知していることになる。調査対象者の全てについてスマートスピーカーについて説明をした上で、スマートスピーカーの購入の希望について質問したところ、「是非購入したい」が1.8%、「やや購入したい」が11.9%で、両者を合わせると13.7%となり、これに既に「保有している」1.1%を合計しても14.8%のみが購入への希望をもっているにとどまった。

     「スマートスピーカーの流行予想」について尋ねたところ、「絶対に流行る」が2.6%、「流行りそう」が37.3%、「あまり流行らなそう」が52.7%、「絶対に流行らない」が7.4%となり、「絶対に流行る」と「流行りそう」の合計は39.9%で半数に満たず、「流行らない」の合計が6割を超えており、現段階では消費者のスマートスピーカーへの関心は極めて薄いと言える。

     スマートスピーカーで魅力を感じる機能について質問したところ、「音楽を再生する」に魅力を感じると答えた者が60.3%と最も多く、「天気やニュースを読み上げる」が51.1%、「スマート電気(照明、エアコン、テレビ、等)の操作」が49.7%、「タイマーを設定する」が47.7%、「メモをとる/メモを読み上げる」が47.0%の順になっている。

     この調査結果からは消費者のスマートスピーカーへの関心は極めて薄く、普及する見込みは極めて低いと考えられる。しかし、インターネットの登場の際も、これに当初から強い関心を示していたのは少数派であったことも考慮すると、ある程度の普及段階で消費者の認識にも変化が生じることも予想される。現段階では発売開始から数ヶ月も経っておらず、スマートスピーカーの普及については未だ不透明であると言える。(編集担当:久保田雄城)

    http://www.zaikei.co.jp/files/general/20171204081144410ecbig.jpg

    引用元: ・【経済】スマートスピーカー、認知6割も所有1% 購入希望は14%

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512375613/ 【【衝撃?】スマートスピーカー、認知6割も所有わずか1%! 購入希望は14%…】の続きを読む

    TB

    1: ノチラ ★ 2017/11/04(土) 17:43:13.74 ID:CAP_USER
    no title

    2017年11月2日から2日間の日程で開催されるイベント「TREND EXPO TOKYO 2017」に合わせ、月刊情報誌「日経トレンディ」が「2017年ヒット商品ベスト30」と「2018年ヒット予測ベスト20」を発表した。ヒット商品ベスト30は「売れ行き」「新規性」「影響力」の3要素からヒットの度合いを評価し、独自にランク付けしたもの。同誌が1987年の創刊以来、毎年12月号で掲載してきた恒例企画だ。

    2018年、ヒット商品のトレンドはどうなる?
    日経トレンディが来年ブレイク間違いないと予想する「2018年の顔」として選出されたのが、「おかあさんといっしょ」(Eテレ)で「うたのおにいさん」を9年間務めた俳優の横山だいすけさん。現在はミュージカルやテレビドラマ、テレビCMなどで幅広く活躍している。

     続いて「2018年ヒット予測ベスト20」が発表された。このランキングは、これから来年にかけて登場する商品やサービス、施設からベスト20を選んだもの。売り上げだけでなく業界への影響度、消費者へのインパクトも考慮し、総合的に評価した。

     横山さんが気になったというのが、7位の「走って戦うジュニアシューズ」。見た目は普通のシューズと変わりないが、内部に加速度センサーが搭載されており、走った距離や速度などのデータがスマホに転送されるとゲームが進んでいく仕組み。走れば走るほどゲームが進むので、自宅でゲームに没頭しがちな現代っ子を外遊びに駆り出せる。

     1位となったのが「マルチAIスピーカー」。「編集部では“2つのマルチ”という要素に着目した。1つは“マルチAI”で、1つの本体から複数のAIを呼び出せるようにすることで、あたかも専門家に尋ねたように料理や音楽などの事柄が検索できる。もう1つが“マルチスピーカー”。スピーカーは一家に1台が当たり前になったが、これからは1人に1台になる。子ども部屋で寝ている子どもを起こしたい際、スピーカーを指定すれば子ども部屋だけにアラーム音を鳴らせる」(佐藤編集長)。

    http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/110201008/?P=3

    引用元: ・【家電】AIスピーカーは1人1台に 今年のヒット商品予測を発表

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1509784993/ 【日経トレンディ 2018年ヒット予測 第1位はマルチAIスピーカーに!?】の続きを読む

    TB

    10月5日に国内正式発表され、翌6日にはすぐに発売された音声で操作できるスマートスピーカー「Google Home」(14,000円)。早速購入し、実機を入手したユーザーによる使用感、音質などの感想がネット上に上がってきています。

    やはり、オーディオ用スピーカーとしてはそれなりの音質のようです。スマートスピーカーとしての機能性が売りなのでしょうが、音楽用に期待していた人にとっては落胆する人もいるかもしれません。

    Google Homeの機能面での内容は既にこちらでご紹介済みです。同時発表の弟機・Google Home Miniも扱っています。
    Google Home Mini  コスパ最強のスマートスピーカーか!?Google Homeとの比較、違いは?

    また、現時点で国内未発表のより大型で音質重視タイプのGoogle Home Maxについてはこちら。
    Google Home Max 音にこだわったスマートスピーカー!Google Homeとの比較、違いは?

    【Google Home 購入ユーザーの感想続々!音質は…】の続きを読む

    TB
    GoogleHome
    1: みつを ★ 2017/09/11(月) 06:36:55.36 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170911/k10011134391000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

    アメリカのグーグルは、人工知能を搭載し、音声でさまざまな機器を操作できる「AIスピーカー」を、来月、日本で発売する方針を固めました。AIスピーカーは、国内ではまだ普及が進んでいませんが、この分野で先行するアメリカのIT企業の参入で、日本市場での主導権争いが一気に激しくなりそうです。

    AIスピーカーは、人が話しかけるとその内容を認識して、音楽やニュースを流したり、家電製品を操作したりする製品です。

    アメリカでは、アマゾンやグーグルなどの製品が普及していて、IT各社は、日本語を認識する技術を開発し、日本市場への参入を目指しています。

    関係者によりますと、アメリカのグーグルは、去年11月にアメリカで発売したAIスピーカー、「グーグル・ホーム」を日本語に対応させた製品を来月上旬、日本で発売する方針を固めました。

    9月11日 4時30分

    引用元: ・【企業】グーグル AIスピーカーを日本で来月発売へ

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505079415/ 【Google Home 日本で来月発売へ!】の続きを読む

    このページのトップヘ