パナソニックは、スマートフォンとの連携機能を強化したBDレコーダー“おうちクラウドDIGA”4モデルを、10月20日より発売。

すべて、地デジ/BS/110度CSの3チューナーを搭載。上位2モデルはUltra HD Blu-ray再生に対応。

・「DMR-UBZ2030」(2TB)¥OPEN(予想実売価格95,000円前後)
・「DMR-UBZ1030」(1TB)¥OPEN(予想実売価格85,000円前後)
・「DMR-BRT1030」(1TB)¥OPEN(予想実売価格75,000円前後)
・「DMR-BRT530」(500GB)¥OPEN(予想実売価格65,000円前後)

今回のモデルチェンジではとにかく「スマホ連携」を打ち出しています。ヘビーユーザーの方の意見としては、SDカードスロットの廃止を嘆く声が見られます。機能を追加する一方で、コストの問題なのか、どうしても削減される機能も出てくるのが常です。

UHD BD再生機能を積んだ上位機が出るのも恒例になりましたが、UHD BDが普及するのか不透明なままです。ネットでの4K配信があるだけに難しいかもしれません。

新シリーズの内容、特徴はこちらでご紹介済みです。
Panasonic DMR-UBZ2030 ほか新BDレコーダー UHD BD再生も!


【Panasonic DMR-UBZ1030 ほか新BDレコーダー!SDカードスロット無し!】の続きを読む