音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:DENON

    DENON 「MODEL X」TIAS2018で公開へ!SX1シリーズ後継か!?  2018年11月16日

    DENON PMA-800NE & DCD-800NE 参考展示!  2018年06月18日

    日本コロムビアが上場廃止 フェイスが完全子会社化!  2017年03月30日

    デノン、マランツのD+Mグループが米Sound Unitedに買収!  2017年03月02日

    DENON UHQCDサンプラー 新たな高音質CD登場!  2016年12月02日

    TB
    DENON_MODELX
    デノンは、16日から18日にかけて東京・有楽町で開催される「2018年東京インターナショナルオーディオショウ」において、コンセプトモデル「MODEL X」を披露。

    MODEL Xは、SACDプレーヤーとプリメインアンプの2機種。同社全製品の音質チューニングを担当するサウンドマネージャーの山内慎一氏が、デノンの新世代シリーズ「NE(New Era)」の将来を見据えて設計。自身が音質設計の思想として掲げる「Vivid and Spacious」を体現するモデルとして、現時点のデノンの音質技術全てを投入して開発されたとしています。「高音質化に向けた研究開発モデルのため、現時点では発売の予定はありません」としています。

    見た目的には明らかに現行フラグシップ「SX1シリーズ」のDCD-SX1とPMA-SX1クラスのモデル。そうなると、SX1シリーズの後継としてのDCD-SX2、PMA-SX2としての販売が期待されます。

    「SX1シリーズ」は山内慎一氏がサウンドマネージャーに就任する前の製品のため、山内氏が音質に関院を持った新フラグシップの発売というのはあり得るでしょう。見たところ、あまりSX1とは機能面では変わりのないシンプルモデルのようです。いずれにしても遠くない将来の正式発表を期待します。

    【DENON 「MODEL X」TIAS2018で公開へ!SX1シリーズ後継か!?】の続きを読む

    TB

    800NE

    OTOTEN 2018」において、デノンは新たな単品コンポラインとなる「800NEシリーズ」を参考出展。

    800NEシリーズ」は、1600NEシリーズの下に新設されたラインナップで、CDプレーヤー「DCD-800NE」、プリメインアンプ「PMA-800NE」、ネットワークプレーヤー「DNP-800NE」の3機種で構成される予定。いずれも2500NE/1600NEシリーズに続く「NE(New Era)」ラインとして用意されるとのことです。

    発売日、価格は未定ですが、近いうちに何らかの発表があるでしょう。

    見た目などからは明らかに従来のデノンフルサイズ単品コンポのエントリークラス機、プリメインアンプのPMA-390RE、CDプレーヤーのDCD-755RE、ネットワークプレーヤーのDNP-730REのそれぞれ後継機。

    デノンのアンプ「PMA-390」、CDプレーヤー「DCD-755」はいずれも国内メーカー製単品コンポのエントリークラス機の代名詞として1990年台はじめから親しまれていただけに、ついにこの番号を変えるというのは一つの転換点になります。すでにPMA-2000、DCD-1650の番号が変わっていただけに予想されたことではあります。

    デノンのエントリークラス機は、ことさらオーディオにこだわりは強くないけれども高音質で音楽を聴きたいレベルの音楽愛好家にとっては、これ以上の機器は不要と言われるほどコスパの高い機種とも言われてきました。価格が上がり続けているのは残念ですが、これからもそのようなポジションを維持し続けて欲しいとは思います。ネットワークプレーヤーエントリー機の定番の座には付いていないような気がするのは気がかりですが。

    【DENON PMA-800NE & DCD-800NE 参考展示!】の続きを読む

    1: 鄙び湯治宿 ★ 2017/03/28(火) 22:41:13.22 ID:CAP_USER9
    音楽配信会社のフェイス(京都市)は28日、日本最古のレコード会社「日本コロムビア」を株式交換方式で8月1日に完全子会社にすると発表した。日本コロムビアの株主にフェイスの株式を割り当て、現在50・88%の保有比率を100%に上げる。東証1部に上場している日本コロムビアは、7月27日に上場廃止になる見通し。

     携帯電話の「着信メロディ」を手がけたことで知られるフェイスは、2014年に日本コロムビアを連結子会社化した。今後、日本コロムビアが持つ16万曲以上の音楽コンテンツを生かし、スマートフォン向けの新サービス開発など音楽配信ビジネスを強化する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000110-asahi-musi

    引用元: ・【経済】日本コロムビアが上場廃止 フェイスが完全子会社化

    http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490708473/ 【日本コロムビアが上場廃止 フェイスが完全子会社化!】の続きを読む


    米Sound Unitedは1日、デノンやマランツなどのD+Mグループを買収したと発表。2月28日に売買は完了しており、売買条件は非公開。Sound UnitedはPolk Audio、Definitive Technology、Polk BOOMの親会社。D+Mグループの傘下で展開しているデノン、マランツ、Boston Acoustics、HEOS by Denonブランドにおける「日本国内で活動している内容、オペレーションに変化はない」という。また、Bowers & Wilkins(B&W)やDALIといったインポート系の業務も同様に継続していくという。

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1047155.html

    【デノン、マランツのD+Mグループが米Sound Unitedに買収!】の続きを読む

    UHQCD

    日本コロムビアは、高音質CD「UHQCD」で、DENONレーベルのクラシックタイトルを来年発売することを発表。そのリリースに先駆けて、サンプラーCD「UHQCDの世界!DENONクラシック・ベスト 聴き比べ用サンプラー」を12月21日に発売する。UHQCDと通常CDの2枚組となり、各20曲収録で価格は1,000円(税込)。

    UHQCDとは、高価なクリスタルCD(ガラスCD)に用いられた技術を通常CDに応用した、メモリーテック開発の高音質CD(関連ニュース)。一般的なCDと同じく通常のプレーヤーで再生可能であり、その上で高音質を実現できるとする。

    DENONレーベルのクラシックタイトルとしては2017年1月18日に10タイトル、2017年2月22日に10タイトル、各1,500円(税抜)での発売を予定。先行発売となる今回のサンプラーCDでは、その20曲全てが収録される(各トラックは一部を除きフェードアウト)。UHQCDと通常CDの2枚組で、それぞれに同じ楽曲が収録されているので、聴き比べが行えるようになっている。

    なお、同社からは大野えりのアルバム3タイトルも12月21日にUHQCDで発売予定など、今後も順次UHQCD化を進めていくとしている。

    【サンプラーCD収録タイトル】

    1.スメタナ:わが祖国~モルダウ(F.O.)
     クーベリック指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
    2.マーラー:交響曲第5番~第1楽章(F.O.)
     インバル指揮 フランクフルト放送交響楽団
    3.ブルックナー:交響曲第7番~第1楽章(F.O.)
     マタチッチ指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
    4.ベートーヴェン:交響曲第6番《田園》~第1楽章(F.O.)
     スウィトナー指揮 ベルリン・シュターツカペレ
    5.プロコフィエフ:ロミオとジュリエット~モンタギュー家とキャピュレット家(F.O.)
     スクロヴァチェフスキ指揮 ケルン放送交響楽団
    6.武満徹:ノヴェンバー・ステップス(F.O.)
     若杉宏 指揮 東京都交響楽団
    7.モーツァルト:クラリネット五重奏曲~第1楽章(F.O.)
     プリンツ(クラリネット)、ウィーン室内合奏団
    8.ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲《アメリカ》~第1楽章(F.O.)
     スメタナ四重奏団
    9.ドビュッシー:子供の領分~ゴリウォーグのケークウォーク
     ミシェル・ベロフ(ピアノ)
    10.團伊玖磨・曲/江間章子・詩:花の街
     鮫島有美子(ソプラノ)、ヘルムート・ドイチュ(ピアノ)
    11.ドヴォルザーク:交響曲第9番《新世界より》~第1楽章(F..O.)
     ノイマン指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
    12.ブルックナー:交響曲第5番~第1楽章(F.O.)
     マタチッチ指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
    13.シューベルト:交響曲第9番《グレイト》~第1楽章(F.O.)
     スウィトナー指揮 ベルリン・シュターツカペレ
    14.ブラームス:交響曲第4番~第1楽章(F.O.)
     ザンデルリンク指揮 ドレスデン・シュターツカペレ
    15.J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
     イタリア合奏団
    16.ドヴォルザーク:弦楽セレナード~第1楽章(F.O.)
     プラハ室内管弦楽団
    17.ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番《ラズモフスキー第3番》~第1楽章(F.O.)
     スメタナ四重奏団
    18.スメタナ:弦楽四重奏曲第1番《わが生涯より》~第1楽章(F.O.)
     スメタナ四重奏団
    19.メンデルスゾーン:無言歌集~春の歌
     田部京子(ピアノ)
    20.ブラームス:間奏曲 イ短調 作品118の1
     ヴァレリー・アファナシエフ(ピアノ)

    http://www.phileweb.com/news/audio/201611/30/18120.html
    【DENON UHQCDサンプラー 新たな高音質CD登場!】の続きを読む

    このページのトップヘ