音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:DAP:SONY

    SONY NW-S14 急いで買わないと…新シリーズは比較にならない…?  2017年08月12日

    SONY NW-S313K ほか新Sシリーズウォークマン Aシリーズユーザーも驚き!?  2017年08月11日

    SONY NW-S315K ほか新Sシリーズウォークマン Eシリーズ後継なの…?  2017年08月10日

    SONY NW-S313 新Sシリーズへのビジネス板での評判は?  2017年08月08日

    SONY NW-S315 16GB機復活も新Sシリーズは期待外れ!?  2017年08月06日

    TB

    ソニー・ウォークマンのエントリー機・NW-Sシリーズがモデルチェンジ。NW-S14などのS10シリーズから、NW-S315などのS310シリーズになります。

    ただ、機能が多く削られ、バッテリー持続時間も短くなるなど、内容面での後退から、困惑が広がっています。ラインナップ面では従来の4GB、8GBモデルの展開から、4GB、16GBモデルに変わったので、現行の8GBモデルであるNW-S14を使っている、狙っている人は急いで購入するという動きが始まっているようです。

    【SONY NW-S14 急いで買わないと…新シリーズは比較にならない…?】の続きを読む

    TB

    予想外の?機能削減、性能ダウンぶりに幅広く衝撃が広がっている?ウォークマンの新Sシリーズ。エントリー機ということで、これからウォークマンに馴染もうという初心者向けではありますが、さすがに前シリーズとの差はわかるのではないでしょうか?

    これまでは2ch内のSシリーズ専用スレ、ビジネス板での反応をお伝えしてきましたが、今度はSシリーズの1つ上位のシリーズであるAシリーズ専用スレでの反応をお届けします。ここでも困惑が広がっているようですが、自分は使わないから関係ないという雰囲気がSシリーズ専用スレとは違う印象です。
    【SONY NW-S313K ほか新Sシリーズウォークマン Aシリーズユーザーも驚き!?】の続きを読む

    TB

    発表後、大幅な機能削減により失望の声が広がっているソニーのエントリークラスのウォークマン・Sシリーズ。新S310シリーズは内蔵メモリー4GBの「NW-S313」が12,000円前後、16GBの「NW-S315」が16,000円前後。スタンド兼用スピーカーのセットモデルは、4GBの「NW-S313K」が15,000円前後、16GBの「NW-S315K」が19,000円前後です。 【SONY NW-S315K ほか新Sシリーズウォークマン Eシリーズ後継なの…?】の続きを読む

    TB

    ソニー・ウォークマンのエントリー機であるSシリーズがモデルチェンジを発表。価格が同じ程度ながら内容が向上ではなく、むしろ多くの機能が削られ、バッテリー時間も短くなっていることから、内容に詳しい人が多いウォークマンSシリーズ専用スレでは多くの失望、落胆の声が上がっていました(削られた機能などについては以下の55のレスを参照してください)。

    さて、幅広いライトユーザーが多く、一般性も高いウォークマンなだけに2chのビジネス板でも取り上げられました。ここでも厳しい声が多め。先代との機能の劣化よりも、今外部ストレージも追加できず、本体メモリが4~16GBという少なさでこの価格という点に、悪い意味で話題が集中しています。

    スマホで済むという厳しい現実があるエントリークラスのDAP。iPodが退場した今、ウォークマンも正念場を迎えています。

    1: ノチラ ★ 2017/08/05(土) 16:45:11.65 ID:CAP_USER
    ソニーは8月4日、「ウォークマン」シリーズにエントリークラスの「ウォークマン S310/ S310K」を追加したと発表した。音楽再生と語学学習に特化したシンプルユーザーインターフェースを備える。発売は9月9日。
    https://japan.cnet.com/storage/2017/08/04/c2ef4944355e65a85a201dc6d70967f9/170804_sony_01.jpg

    内蔵メモリが4Gバイトの「NW-S313」(想定税別価格:1万2000円前後)と16Gバイトの「NW-S315」(同:1万6000円前後)の2モデルを用意する。

     デジタルノイズキャンセリング機能を備え、電車・バス、航空機、室内とリスニング環境に合わせ、周囲の騒音をカット。任意の地点を指定してリピート再生できる「A-Bリピート」や約3秒再生位置を戻す「クイックプレイ」など、語学学習に使える機能も搭載する。

     サイズは高さ94.5mm×幅43.5mm×奥行き9.1mmで、重量約53g。リチウムイオン充電池を内蔵し、約52時間の使用に対応する。

     ボディカラーはブルー、ライトピンク、ホワイト、ビビッドピンク、ブラックの5色。4Gバイトモデルはブルー、ライトピンク、ブラックの3色をそろえる。

     あわせて、スピーカを付属した「NW-S315K」(16Gバイトモデル、想定税別価格:1万9000円前後)、「NW-S313K」(4Gバイトモデル、同:1万5000円前後)もラインアップする。
    https://japan.cnet.com/article/35105338/

    引用元: ・【製品】ソニー、すっきりデザインで使いやすいノイズキャンセリング「ウォークマン S」

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501919111/ 【SONY NW-S313 新Sシリーズへのビジネス板での評判は?】の続きを読む

    TB

    ソニーは、ウォークマンのエントリーシリーズとなるSシリーズをモデルチェンジ。「S310シリーズ」を9月9日に発売。オープン価格で、実売予想価格は、内蔵メモリー4GBの「NW-S313」が12,000円前後、16GBの「NW-S315」が16,000円前後。スタンド兼用スピーカーのセットモデルは、4GBの「NW-S313K」が15,000円前後、16GBの「NW-S315K」が19,000円前後。
    【SONY NW-S315 16GB機復活も新Sシリーズは期待外れ!?】の続きを読む

    このページのトップヘ