音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:CDラジカセ:aiwa

    aiwa CSD-M20 復活のCDラジカセ!CR-BUE30と比較しての違いは?  2018年02月19日

    aiwa CDラジカセ 新機種!往年の名機との違いは大きい?  2017年06月21日

    TB


    アイワ(aiwa)は、ワイドFM対応のAM/FMチューナーとCDプレーヤーに加え、カセットテープレコーダー機能を備えた多機能ラジカセ「CSD-M20」を発売。オープン価格で実売価格は6,000円程度。

    低音を強調する「重低音ボタン」も搭載。 スピーカーは9cm×2。最大出力は1.5W×2。

    再生可能ディスクがCD、CD-R/RW(CD-DAフォーマットのみ)ラジオは、AM/FM(ワイドFM対応)、プリセットがAM:30局/FM:30局、自動選局対応。

    カセットテープはノーマルのみの録再対応で、ワンウェイ。ライン入力も備えるので、通常のアクティブスピーカーとしても使用可能。マイク入力を2系統備えるのも特徴。

    単2形乾電池8本での駆動にも対応。

    同時発売のCDラジオ・CR-BUE30と違って、USBやBluetooth、MP3ディスク再生には対応しません。それだけ、昔のCDラジカセ的な内容となっています。20年前に出ていても何の違和感もないほどです。
    aiwa CR-BUE30 Bluetooth機能やUSB端子を搭載したCDラジオ!

    幅x高さx奥行き:305x135x245mm 重さ:2.2kg。
    電池持続時間:CD再生:約8時間 /FM受信:約12時間/テープ再生:約10時間(アルカリ乾電池使用時)
    消費電力:15W ※JEITA規格による測定値
    付属品:電源コード(約1.5m)、取扱説明書、保証書
    【aiwa CSD-M20 復活のCDラジカセ!CR-BUE30と比較しての違いは?】の続きを読む



    aiwa_CD

    昨日からお伝えしているように、往年のオーディオブランド・aiwaが復活します。当時の関係者がそのまま復活して立ち上げるというわけでもないようですが、オーディオ機器には自信のある十和田オーディオという国内企業が立ち上げるとのことで、なんとか期待したいところです。

    予想通り?CDラジカセ(CDラジオを含む)も投入。3機種をラインナップ。最上位機種はCDラジオにBluetooth機能、MP3録音機能を備えたもので、想定売価は9,800円前後。中位機種はCDラジカセタイプで、Bluetooth機能は非搭載。想定売価は5,980円前後。また下位機種としてCDラジオにBluetoothを組み合わせたモデル(カセットデッキ無し)も用意し、5,480円前後で販売する予定。

    もはやドルビーIC自体も入手できず、往年のバブルラジカセのような製品はさすがに無理でしょうが、これぞaiwaというCDラジカセはできないものでしょうか?東芝あたりは意外にも頑張っているわけですし、新生aiwaにも奮起を期待します。

    【aiwa CDラジカセ 新機種!往年の名機との違いは大きい?】の続きを読む

    このページのトップヘ