東芝エルイートレーディングは、カセットテープからSDカードやUSBメモリーに録音できるCDラジカセなど2機種を発売する。ラインナップは、「TY-CDX9」(12月中旬発売、予想実売価格12,800円前後)と、「TY-CDK9」(12月上旬発売、予想実売価格10,800円前後)。

「TY-CDX9」はカセットテープ、CD、AM/ワイドFMラジオに加え、外部接続端子を備えDAPなどを接続して再生することもできるCDラジカセ。ハイポジションテープの再生にも対応する。また、これらの音源をSDカードやUSBメモリーへMP3(192kbps)で録音できるのが大きな特徴だ。

そのほか楽曲の歌声を小さくしてカラオケを楽しめる「ボーカルダウン」や、マイクの音量調整ができる外部マイク端子、マイクエコー機能なども備えている。

スピーカーはφ8cmのものを2基搭載し、3W+3Wアンプも内蔵。電源はAC電源に加え、単二電池6本でも駆動する。外形寸法は316W×130H×215Dmm、質量約2.2kg。本体カラーはサテンゴールド。

「TY-CDK9」は、SDカードスロットやUSB端子、録音機能を省いたモデル。カラーはシルバーとホワイトの2色をラインナップする。

http://www.phileweb.com/news/d-av/201611/21/40008.html

【東芝 TY-CDX9 ハイポジテープ再生対応のCDラジカセ!】の続きを読む