TEAC_pd301_
ティアックは、CDプレーヤー「PD-301」を12月上旬に発売。価格はオープンで、42,000円前後での販売が予想。カラーは、シルバーとブラックの2色をラインナップ。

幅215mmのコンパクトなボディが特徴の“Reference301シリーズ”の新モデルとして登場。“Reference 301シリーズ”製品と組み合わせての使用も想定したモデル。同シリーズのプリメインアンプ「AI-301DA」やUSB-DAC「UD-301」などのデジタル入力対応機器と接続し、CDトランスポートとして使用することを想定。もちろん単品コンポとして使えます。

CDプレーヤー/ワイドFM対応チューナー/USBメモリー再生機能を集約させたCDプレーヤー。筐体はアルミ製のフルメタルシャーシを採用することで、制振性を高めたとしています。

CD部の再生可能メディアはCDとCD-ROM/-R/-RWで、オーディオCDのほかに、48kHz/16bitまでのWMA/MP3の各フォーマットに対応。TEACといえばVRDSメカですが、ここではのCDドライブには、業務用機にも採用されているコンパクトなスロットイン式高精度CDドライブメカニズムを採用。DACには、TI製DAC BurrBrown(バーブラウン) PCM5142を採用。

フロント部にはUSB端子を備え、USBメモリーに保存された48kHz/16bitまでのWAV/AAC/WMA/MP3音楽ファイルの再生に対応。

また、AMラジオ番組をFM放送の周波数帯で放送する「ワイドFM」に対応したFMチューナーを搭載。なお、放送局は最大20局までプリセットすることができ、設定後は付属のリモコンで放送局の切り替えが可能。

アナログ出力のほか、同軸/光デジタル出力端子を各1系統ずつ装備。また、FMラジオ番組のデジタル出力にも対応。

周波数特性は20Hz~20kHz、S/N比は113dB、本体サイズは215W×61H×232Dmm(突起部含む)、質量は2.1kg。

FMラジオ番組のデジタル出力に対応しているのは珍しい点です。だいいちCDプレーヤーなのにチューナーを搭載していること自体珍しいです。シリーズのプリメインアンプ「AI-301DA」やUSB-DAC「UD-301」とデジタル出力で組み合わせたうえで、FMも聴けるようにする狙いがあるためでしょう。

本機のチューナーを使えば、外部DACにつないでFMを楽しむことができるというのはいずれにしても面白い機能だと思います。

USB端子からのファイル再生はハイレゾにも対応して欲しかったところです。そうすれば単体機としての魅力がもっと高まったと思います。


引用元: ・【VRDS】TEAC ESOTERIC総合スレ 12【NEO】

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1422120618/ 【TEAC PD-301 ワイドFMチューナーを搭載したCDプレーヤー!】の続きを読む